abematimes

記事一覧(840)

“神童”那須川天心、瞬殺宣言「僕に勝てるレベルじゃない」 RISE防衛戦、年末RIZINとバトル総決算へ

この一年、格闘技界で最も知名度を上げた選手といえば、やはり那須川天心だろう。まだ10代ながらとてつもなくハイレベルな、無敗の“神童”。その強さはこれまでにもキックファンにはよく知られていたが、昨年末のRIZIN参戦によって全国区になったと言える。RIZINでのMMAデビューからして、自ら望んでの「中1日2連戦」という破天荒なもの。今年に入るとKNOCK OUTで元ボクシング王者のタイ人をパンチでKO、保持する世界王座の防衛、RIZINでは才賀紀左衛門とミックスルールで対戦など、休む間もなく試合を重ね、そのたびにインパクトを残してきた。10月のRIZIN福岡大会では大会セミファイナルに登場、それも地上波生中継である。そんな大舞台での藤田大和戦は、ノックアウトこそ逃したものの連勝はキープ。しかも藤田の粘りもあって好勝負となり、ここでもファンだけでなく一般層からの注目度を高めたはずだ。格闘技界の新たなスターとなった那須川には強力なバックアップもついた。10月から、ゲーム会社のサイゲームスとスポンサー契約を結んだのだ。ともに「最高を目指す」という点で目標とイメージが合致することからの契約だという。「期待以上のパフォーマンスをして格闘技界の起爆剤になりたい。夢を与えたい」という那須川と大手ゲーム会社の組み合わせは新鮮であり魅力的。格闘技界に新たな時代が訪れたことの象徴とも言えるだろう。ノンストップで走り続けた那須川の2017年も、そろそろ仕上げの時期に入った。11月23日にはホームリングのRISE(TDCホール大会)で、RISEバンタム級王座の防衛戦を行なう。対戦相手はイグナシオ“El Misil”カプロンチ。アルゼンチンの選手で、キャリアはなんと75戦戦、獲得タイトルも20以上。単に肩書きだけでなく、RISEのリングでの査定試合とも言える闘いでKO勝利を収め、実力を示している。それでも那須川は「僕に勝てるレベルじゃない」と自信満々の早期KO宣言。RISEでの防衛戦を無事にクリアすれば、年末のRIZINが待っている。現在はキックボクシングが“本業”。しかしそこからMMAで本格的に世界を目指すことも、ボクシングで頂点を狙うことも視野に入れている那須川。今や「勝つか負けるか」ではなく「どんな勝ち方をするか」が注目されるようになっており、そのことは本人も分かっている。高いハードルではあるが、それを乗り越えてこそ、以前から目標としてきた「誰も手が届かない」存在になることができる。毎回のように「油断はしていない」と言うのは、決意の深さの表れだろう。

内藤哲也vsオカダ、コールバトルは「6:4で内藤」 1.4東京ドームに向け、決戦ムードは大会ごとに緊張感を増す

11月18日、新日本プロレスの後楽園ホール大会が行われた。観衆は主催者発表で1732人(札止め)と、相変わらずの高い人気を誇る新日本。この日からは恒例のワールドタッグリーグが開幕している。真壁刀義がヘナーレと組むなど、フレッシュな顔ぶれも多い今年のリーグ戦。この日はセミで後藤洋央紀&YOSHI-HASHIが鈴木みのる&飯塚高史と対戦した。CHAOS対鈴木軍という構図のこの試合で勝ったのは後藤。しかも鈴木をGTRでピンフォールしての1勝だけに大きな価値がある。後藤と鈴木は今年上半期、NEVER無差別級王座をめぐって抗争を展開。セコンドの介入などもあって鈴木がベルトを巻いているが、ここで後藤が一矢報いた形。後藤は改めてNEVERのベルトに照準を定めたようだ。メインには、現在の新日本で最も勢いがあるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのEVIL&SANADAが登場。しかし初エントリーのジュース・ロビンソンvsサミ・キャラハンに敗れるアップセットが起こった。フィニッシュはジュースのパルプフリクションだったが、新日本初参戦のキャラハンもインパクトのある動きを見せており、タッグリーグの台風の目になりそうだ。今シリーズのもう一つの見どころは、1.4東京ドーム大会に向けての前哨戦。この日はオカダ・カズチカ&オスプレイ&外道と内藤哲也&BUSHI&高橋ヒロムの6人タッグ戦が行われた。オカダと内藤は1.4ドームのメインでIWGPヘビー級王座をかけ激突。オスプレイとヒロムはジュニアヘビー級タイトル4WAYマッチを争う。前哨戦を重ねていくにつれて攻防が激しくなり、それがタイトルマッチでピークを迎えるのが現在の新日本の流れ。この日もオカダと内藤、オスプレイとヒロムが互いに得意技を出し、それを防ごうとするハイレベルな競り合いが見られた。試合はBUSHIが外道をフォール。しかし試合後もオカダと内藤がやり合う場面があり、やはり6人タッグでも対抗意識は強い。前哨戦、そして1.4ドームの結果も気になるが、同時に注目なのが観客の“支持率”だ。プロレスという闘いでは、観客の声援によって試合の見え方が大きく変わることもある。昨年、内藤がオカダからタイトルを奪取した試合では、SANADAの介入があっても観客は内藤に圧倒的な声援を送った。今年10月の両国大会でも、次期挑戦者としてオカダと対峙した内藤に大歓声。オカダにはブーイングが起きた。この現象を、オカダは「みんな新しい景色が見たいんでしょう」と分析している。そして、その上を行ってみせるのが自分だと。11.18後楽園でも、内藤には大コールが発生。しかしオカダファンからのコールも大きく、生中継の実況では「6:4で内藤」と判断していた。内藤人気は変わらず、しかし長期政権を築いているオカダへの評価も高い。前哨戦を重ねる中で、この“支持率”がどう変化していくか、そして1.4ドームでのIWGP戦はどんな雰囲気の中で行われるのか。決戦ムードは大会ごとに高まっていく。(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.

ジャンボ鶴田さんの息子・祐士さんがツイッターで「ジャンボ鶴田の「オー!」の起源を教えて」→プロレスファン達のアツすぎるレスが爆発

(鶴田祐士 公式Twitterより)人気プロレスラーだった故・ジャンボ鶴田さんの息子、鶴田祐士さんがツイッター上で「ジャンボ鶴田の「オー!」の起源を教えてください」と投稿、プロレスファンから数多くの「諸説」が寄せられた。鶴田さんの息子さん祐士さんが自身のツイッター上でプロレスラー、ジャンボ鶴田を知るファンに投げかけた質問は「非常に恥ずかしい質問を一つ、聞いてもいいでしょうか?父、ジャンボ鶴田の「オー!」の起源を知っている方、教えていただけますでしょうか?いつ頃から使い始めたのかも教えていただけると嬉しいです。」というもの。これに対して「ジャパン勢が全日本に来た頃じゃないですかね?」と長州力らのジャパンプロレスが新日本プロレスから移籍し、ジャンボや天龍源一郎らと抗争を繰り広げていた時期という1984年から数年間の間に生まれた説や、「五輪コンビの谷津さんと、タッグを組んだ87年くらいかな」ともう少し後ではという意見も。1980年のチャンピオンカーニバル決勝から始めて〜84年位は「オー」ではなく「ウォー」だった。85年以降は85年位から「オー」。観客からの「オー」コールが定着したのは90年以降と、さらに明確にジャンボのリング場でのパフォーマンスの変遷を記す人や、「かつて(勝ちきれない)善戦マンと呼ばれた頃にアンチファンが「オー」という野次を飛ばしていて、それをジャンボが逆手にとった」という新証言があったりと議論は白熱。結局のところ息子さんの質問の起源についてはハッキリとした答えはでてこなかったものの、必殺技ジャンピングニーパッドが決まった後に髪をかきむしり観客に向かって「オー」と掛け声をかけるジャンボ鶴田の勇姿を、多くのファンが鮮明に心に刻んでいるようで「お父さんは本当に強く素晴らしかったです。夢、希望をたくさんいただきました。今も時々ですが、頭の中でJが鳴り響きます。そして右手を握りしめ、オーっをする姿は、僕にとって、いつまでも、忘れることはありません。」という熱いメッセージも寄せられていた。プロフィールには現在、映画監督を目指していると鶴田祐士さん、ツイッター上では朝の挨拶で「オーはようございます。」とジャンボの「オー!」と二代で継承している。

どうしてこうなった?大混戦必至、本命なし!新日本プロレス「ワールドタッグリーグ2017」見所を徹底解剖

11月18日より開幕する新日本プロレスの「WORLD TAG LEAGUE 2017」。全16チームが参加し12月11日の福岡大会で優勝者が決定するタッグの祭典は、今年は例年とは違う雰囲気の大会となりそうだ。オカダカズチカ、内藤哲也、ケニー・オメガ、棚橋弘至というトップ4人がエントリーされないという異例の発表あり波乱含みといった出場者だが、すでにカードが決定しているタイトルホルダーやG1覇者を敢えて排除することで、残りの全選手に与えられた1.4東京ドーム大会への最後のアピールの場ともいえる大会とも取れる。ベテラン、中堅、新人、外国人選手が一線上に並べられ甲乙つけがたいし、未知数な部分も多い。大本命がいない故のリーグ戦ならではの盛り上がり方もあるだろう。今回もAブロック、Bブロックに別れるが「どうしてこうなった?」と言うほど極端なブロック分けが実現した。まずはAブロックに新日本プロレスの第三世代のテンコジこと天山広吉&小島聡組、永田裕志&中西学組というベテランチーム、そこにCHAOSの主力である後藤洋央紀&YOSHI-HASHI組、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADA&EVIL組、鈴木軍の鈴木みのる&飯塚高史組、BULLET CLUBのバッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ組という各ユニットの今大会における主力級がズラリと並ぶ。全く持って読めないラインナップに加え、ジュース・ロビンソン&サミ・キャラハンというWWE NXTの元スターによる日本のファンにはフレッシュなコンビも元抗争を広げて来た宿敵同志のコンビの大化けや、タッグチームとしては熟練を極めたハングマン・ペイジ&高橋裕二郎組が大会を掻き回す可能性も否定できない。強いて言えばSANADA&EVILというロスインゴの勢いを推したいが「なんの番狂わせもなく、EVIL&SANADAが支配していく。ノーサプライズだ。」と会見でEVILが語ったが、このタッグリーグ戦は簡単ではなさそうだ。正直なところ全然予想が出来ないという意味では観る側の楽しみ方が問われるのがBブロックだ。本間朋晃の欠場で、2連覇のディフェンディングチャンピオンだった真壁刀義は新たなパートナー、ヘナーレを迎えることとなった。先日棚橋弘至を襲撃して悪名を轟かせたジェイ・ホワイトと並び外国人、ヤングライオンの期待の星が真壁組の大抜擢を受けどのようなパフォーマンスを見せるか見ものだが、マイケル・エルガン&ジェフ・コブ組、デビッド・フィンレー&北村克哉組、バレッタ&チャッキーTとフレッシュなタッグチームが並ぶ。化学反応によりとんでもない大化けする新チームも期待できそうだ。さらに熟練ともいえるIWGPタッグ歴代王者のレイモンド・ロウ&ハンソン組、石井智宏&矢野通組、タマ・トンガ&タンガ・ロア組、さらにIWGPの現王者ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.組と、タッグリーグという観点では乱戦以外の選択肢が無い状態だ。正直なところBブロックの本命を挙げるのは不可能と断言したい。繰り返し断言したいのは、今回の「WORLD TAG LEAGUE 2017」は本命なきタッグリーグ戦だ、この激戦をくぐり抜けた歴戦の強者が、年明けのイッテンヨンはもとより、2018年の新日本プロレスの戦線に置いて重要なキャスティングボードを握ることになりそうだ。(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.

松井珠理奈(ハリウッドJURINA)が提唱する「プロレスコーデ」新たなブームになるか?

ドラマ『豆腐プロレス』出演をきっかけにプロレスにどっぷりハマり、自身も練習の成果を活かして“リングデビュー”を果たした松井珠理奈(ハリウッドJURINA)の勢いが止まらない。その熱いファンぶりを買われて、来年1月4日に開催される新日本プロレス・東京ドーム大会のスペシャルアンバサダーに就任。取材や公式行事だけでなく、普段からの“プロレス布教活動”にも拍車がかかるようになった。その一環が、連日ツイッターで披露している「#プロレスコーデ」。これはプロレス観戦の際だけでなく普段からプロレス関連のアパレルを着て、その写真や動画などをアップしていくというもの。日常生活にもプロレスを取り入れていこう、という視点だ。選手や試合の魅力だけでなく、ファン自身が会場などで購入できるグッズを使って大会を盛り上げるというのは新鮮な試み。それもただ着るだけではなく、棚橋弘至の誕生日には棚橋Tシャツを着用し、棚橋もよくかぶっているニットキャップを合わせるなどのポイントも紹介。最もオーソドックスなライオンマークTシャツも「裾は片方だけイン」、「袖は一折り」という着崩しを披露している。こうした盛り上げ方は女性ならでは、人気アイドルならではといったところか。珠里奈はファンにも「#プロレスコーデ」でのツイートを推奨。実際、現在は様々な場所でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのTシャツ、キャップ姿のファンを見かけるだけに、珠里奈のアンバサダー活動(という枠を超えた力の入りっぷり)はファンのマインドと合致していると言っていいだろう。