eri_hiramatsu

記事一覧(269)

乱闘とかになって…皇治、記者会見での予想外のアクシデント明かす

10日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。今週は「まるごと1時間皇治スペシャル」と題して、9月24日開催の「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」スーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスを相手に判定勝利を収めた皇治がゲストとして登場。司会の中村拓己が「めっちゃ高いスーツを仕立てて会見に……?」と話を振ると、皇治は「なんで知ってるんですか?」と驚きつつも、デザインにも携わったこだわりのスーツで「あれ40万(円)くらいするんですよ」と明かして中村を驚かせる。サイズについては軽量前だったこともあり「痩せますよ」と伝えていたが、想定よりも自身が細身になってしまったそうで「『これはちょっとカッコ悪いから』言うて、早急にキツくしてもらったんですよ」と、ズボンを仕立て直したという。しかし、軽量当日に到着したスーツは「細くしすぎて、足入らへんくなって(笑)」と、今度は細すぎて履けなくなってしまったそうで「ヤバいヤバい」と慌てているうちに、K-1のスタッフが「皇治選手、次です」と呼びに来てしまったのだとか。大ピンチな状況に「パンツにジャケット羽織って、サングラスしてイキっていくしかないな」という思いもよぎったという皇治だったが、「無理やり履くしかない」と覚悟を決め、スーツの足首部分を切って会見に臨んだそう。「でも俺が着てたら、それもオシャレに見えるやろ」と冗談交じりに話す皇治に、中村が「『乱闘とかになって破られたら困る』って言ってたら、まさか自分で(スーツを)切ることに……」とコメントすると、皇治も「ハナから破れてたというね」と、まさかのアクシデントを振り返っていた。

「勝負ごとは“戦争”」「男はまくってナンボ。1割の可能性で十分」皇治、武尊戦へ意欲

10日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。今週は「まるごと1時間皇治スペシャル」と題して、9月24日開催の「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」スーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスを相手に判定勝利を収めた皇治がゲストとして登場。司会の中村拓己に今後の目標を聞かれると、皇治は「ずっと言ってきているように、タケポン(武尊)しかないからね」と、改めて武尊との対戦の意志を表明する。「アイツ偉そうに言ってるけど、お前も判定やろ」と、武尊もかつてスタウロス戦で判定勝ちだったことを指摘して「タケポンがホンマに強いか、それかホンマにワケわからん相手とやってたのか、俺とやったら分かる」と、自身を倒すことで強さが証明できると挑発。かつて「K-1に出るのは絶対無理」と言われていたという皇治は「1割の可能性でここまで来たと思ってる」と豪語し、「勝負ごとは“戦争”だと思ってる。奪うか奪われるか」と覚悟を見せる。さらに「100パーなんてないから。9:1で良くて、1割の可能性で十分やと思ってる。その1割の可能性でタケポンまくったったら(追い抜いたら)、やっぱり日本中の奴ら、めちゃめちゃ元気になると思うんですよ」と持論を展開。「男はまくってナンボやから。全然、1割の可能性で十分」と豪語する皇治は「“それ”で上がってきたんですからね、結局」と、叩き上げとしてのプライドを垣間見せ「ここに座ってるのが結果やから」と言い放った。

皇治、芦澤竜誠の挑発に余裕のアンサー 対戦の条件も叩きつける

10日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。今週は「まるごと1時間皇治スペシャル」と題して、9月24日開催の「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」スーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスを相手に判定勝利を収めた皇治がゲストとして登場。先週の同番組には芦澤竜誠が出演し、皇治に対する怒りをあらわにしながら「やってやってもいい」と、上から目線の挑戦状を叩きつけた。これに皇治は、普段「ナマズくん」と揶揄されている芦澤に対して「勘弁してよウナギくん」とコメントする。放送回の動画も見たそうで「もう笑けて。『メッチャかわいい』と思って、俺はファンになった」と余裕を見せると、芦澤の発言を「ヤキモチでしょ」と一蹴した。芦澤に批判された内容について、過去の『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』で小澤海斗と和気あいあいと会話していたのは、日ごろから「サウスポーとは戦わない」と公言しており、小澤がサウスポーかつ階級も違うことから、対戦することがないため険悪になる必要性がないと解説。また、会見で皇治が芦澤の名前を忘れたかのように見えた場面については「アッシー(芦澤)のため」と説明。普段から武尊をタケポン、小澤をカイカイといった“あだ名呼び”が多い皇治は「カイカイとナマズくん」と言いかけてしまったそうで「かわいそう」という思いから、記者に名前を確認したのだという。芦澤の挑発を全く意に介していない様子の皇治は「自分の階級では結果残してきてるのかもしれんけど、俺とやりたいんだったらヒロやん(卜部弘嵩 )倒して、(島野)浩太朗倒して、キューピー(スタウロス)倒して、で俺や言うんだったら全然しゃーないと思うし、そんときに一緒に盛り上げたらいい」と、芦澤に対戦の条件を突きつけた。