Naomi Hashimoto

記事一覧(207)

「新しい絶望を与えたい」「埋葬する」 DDTの“カリスマ”佐々木大輔、ディーノ戦は“いい試合じゃなくても何かが残ればいい”

(10.21DDT両国のメインでタイトルマッチを行う佐々木とディーノ。まったく展開が読めない一戦だ)(C)DDTプロレスリングテクニカルかつ破天荒な闘い、無軌道なコメントぶりで“カリスマ”とも呼ばれる佐々木大輔が、10.21DDT両国国技館大会のメインに登場する。大舞台でKO-D無差別級王座を争う相手はDDTの“アイコン”男色ディーノ。しかし佐々木はディーノを「終わってる」とバッサリ。また分かりやすいエンターテインメントを拒否し、感動では終わらないプロレスを見せるという。自身のプロレス観とは? そして自身が率いてDDT総選挙・ユニット部門を連覇中のDAMNATIONの人気をどう思うのか。単なるヒールではない、その独自の世界を言葉でも味わってほしい。(聞き手・橋本宗洋)――両国メインでも“感動”で終わらないプロレスを?佐々木 やりたいな。新しい絶望を与えたい。本当に男色ディーノを生き埋めにしたいんだよ。向こうはそうされないために全開でくるだろうし、こっちも全開でいかなきゃいけない。――「生き埋め」とは?佐々木 埋葬だよ。存在を地中に消す。――ベルトを争う以上に存在を消したいと。佐々木 新しいことを生み出さないヤツは前に出てくんなってことだよ。――ただ今回もベルトを巻いて両国メインを決めましたし、ディーノ選手の存在は大きいですよね。佐々木 まあ向こうはJ-POPだからな。パンクがJ-POPを超えられないのは分かってる。――売上枚数では超えられないから、存在を埋めるしかないんですかね。佐々木 愛だの恋だの、思ってないようなことばっか歌ってなぁ、J-POP。男色ディーノだってそうだろ、夢とかよく言うじゃないか。気持ち悪い。――気持ち悪い(笑)。佐々木 根強いファンがいるのは分かるけど、「いつまでも同じ曲聴いてんな」って。そのための作戦も必要だろうな。なんだかんだ、キラー・ディーノの面もあるし、すべてのぶつかり合いになる。――ディーノ選手はここ一番でスタジオミュージシャンばりのテクニックを見せてくることがありますね。佐々木 そういう嫌さもあるから。あらゆる面で上回るしかない。――前哨戦での男色殺法の攻防も、そこにつながりますか。佐々木 全部乗っかって、飲み込んでやるしかないだろ。――それを達成した上で、DDTをどうしたいですか。佐々木 団体がどうとかは気にしてないな。気にするのは個人の試合だけ。結局、自分の名前が残ればいいから。(地元の)練馬の駅前に銅像が立つくらいにはなりたいなって思うよ。――「DDTのために」と考える選手も多いですけど、そこは違うと。佐々木 そういう選手は自分がないんだよ。結局は周りに流されるだけだから。