流血、打撃、膝蹴り…格闘シーンのスローモーション映像が危険すぎる【UFC202】

 世紀のケンカマッチ「ネイト・ディアスVSコナー・マクレガー2」など、好カード目白押しだった『UFC202』だが、UFCの公式チャンネルで試合の名場面をスロー編集したダイジェスト映像が公開された。


 日本から参戦した水垣偉弥選手の残念な敗戦も含め、全体的にTKOが非常に多く見応えあるスタンド勝負を数多くみることが出来た大会だった。スローモーションで改めて確認してみると、特に激しい流血戦となったティム・ミーンズ対サバウ・ホマシのハードなパンチや膝蹴りの数々、同じくボディへのめり込むような蹴りが印象的なリック・ストーリー対ドナルド・セラーニなど、スピード感のある打撃戦はスローの方がより「痛さ」が伝わる。


 当然ながらメインのネイト・ディアス対コナー・マクレガーの模様も大々的にフィーチャーされている。序盤にマクレガーの強烈なパンチや鋭いローを、何発も貰ったネイトのタフさが際立つ。ネイトが意識朦朧としながらも、巧みなフェイントなどを織り交ぜ、張り手で応戦する姿や、ラウンド後半の両者の力を振り絞るようにヒットするヒジの打ち合いなど、試合中見えなかった細かい部分も含め改めて試合の壮絶さが収められている。

続きを見る