「RIZINにケンカを売りたい!」極小団体がさいたまスーパーアリーナを目指す?「ガンバレ☆プロレス」

(勝っても負けても「We are ガンバレ☆プロレス!」で強引に大会を締める大家健。団体全部が力技、という感じもある。)


 ガンバレ☆プロレス(ガンプロ)という団体を知っている人は、プロレスファンでも少数派だろう。実際に見た人となると、さらに少ないはず。普段は観客数100人から200人といった規模の大会を行なっている、非常に小さい団体である。一応はDDT系列なのだが、ここだけ何か“別枠”という感じもある。


 たった1万5000円の旗揚げ資金でガンプロを作った代表にしてエースは大家健。かつてDDTを失踪したことがあり、リング上もプライベートもメチャクチャな“ダメレスラー”の典型だった。


 ところが、ガンプロを作って変わった。相変わらずメチャクチャだが、生来の思い込みの激しさが大爆発。試合でもマイクアピールでもチケット即売会でもストレートに感情をぶつけて、それが観客にも届いた。単なる熱血ヒーローじゃない。ダメな奴が誰に何を言われても必死になって、何かにつけて感極まって泣きながら頑張るからファンは目が離せない。


 大家の周りにいるのも、人生で大きな挫折を経験した、くすぶっている人間ばかり。たとえば、今成夢人は本職がDDTの映像ディレクター。美大時代に学生プロレスを経験、学プロを題材にした自主映画で注目されると、大手テレビ局に就職した。が、あえなく退職。そこからDDTで、映像作りでもプロレスでも、人生と格闘している。


 その今成の映画に出ていた冨永真一郎は、もともとKAIENTAI DOJOの練習生。後にユニオンプロレスからデビューしたが、それも退団している。そういう、くすぶっている人間がガンプロでは爆発する。化ける。そこに感情移入のポイントがある。

(人気声優の清水愛もプロレスラーとして参戦中。“拝み渡り”など高度なテクニックも。)


 そんなガンプロの初期からのファンである声優の清水愛は、自身もプロレスラーとしてデビューすると、しっかりキャリアを積んだ上でガンプロ参戦を果たした。いわば里帰りであり恩返しか。


 昨年10月には、ついに“聖地”後楽園ホールに進出し、誰も予想しなかった超満員の観客動員を達成。年末開催のビッグイベントRIZINで同時開催される『格闘技EXPO』(さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)でも2年連続で提供試合を行なった。そのことでまたも大家健の心に火がついてしまう。「RIZINにお世話になるだけじゃなくケンカを売りたい! あの壁の向こう側に行くぞ!」と、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナでの大会開催を目指すと宣言したのだ。


 本当に実現するかどうかは分からない。でもそもそも、大家健がエースの団体ができるなんてこと自体、誰も想像していなかったことだ。まして後楽園を超満員にするなんて。


 新たな夢を抱いて始まった2017年。ガンプロ最初の興行は1月21日に王子ベースメント・モンスターで行なわれる。基本は小さい会場で、なのである。

(試合後には観客との「集会」が恒例に。ここで選手たちが熱い想いを訴えたり、今成(左)と大家がムチャな主張をし始めたりする。)


 大家は現在『シン・ガンバレ☆プロレス』を名乗る謎の集団と抗争中。“シン・大家健”こと大家健想とタッグで対戦する。大家健想とはつまり鈴木健想であり、KENSO。ということはWWEでも活躍した選手。なぜそんな大物がガンプロに!? 


 またHi69&冨永真一郎vs大石真翔&旭志織も注目カード。KAIENTAI DOJOの練習生だった冨永が、KAIENTAI DOJO(出身)の先輩たちに囲まれて試合をするのである。まして大石&旭は、インディーマット屈指の名タッグ。だからこそ冨永の頑張りが試合の盛り上がりを左右するだろう。


 過去の挫折はドラマを生む。誰もが気持ちで、気合いで突っ走る。だから時には暴走する。コケたりもする。それも含めての熱さがガンプロの魅力。“カリスマ号泣師”こと大家は1.21王子でも号泣するだろう。それを見てファンは苦笑し、でもちょっともらい泣きするかもしれない。


文・橋本宗洋

続きを見る