K-1ファイター・武尊、衝撃告白「エッチなマッサージ店で…」

K-1ファイターの武尊が21日、MCを務めるAbemaTVのトーク番組『アベマショーゴ ~気になる人フカボリSHOW』にて、プライベートな部分に関する衝撃的な告白をした。

この日のゲストは、映画監督で俳優の松居大悟。代表作としては映画『アフロ田中』『アズミ・ハルコは行方不明』や、ドラマ『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』などがあり、近年注目を集める気鋭のクリエーターだ。

しかし、本人は「映画監督です」と言い切るのがまだ恥ずかしいようで、美容院などで職業を聞かれた際には「ウェブデザインをしています」と答えてしまうとのこと。「そう言うとつっこんでこない」といい、アンケートで回答する際にも「自営業」と答えるという。松居に番組MCを務めるニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政は「めちゃくちゃわかる」と共感した。

そんな中、突如、武尊が「エッチなマッサージ店に行くとき……」と衝撃的なワードを繰り出す。「マッサージ店で職業を書くとき、バレないようにフリーターか自営業って書くんですけど、名前はだいたい『マツモトタケシ』を使う」と告白した。

 

これにニューヨークの2人が「本名はマツモトなん?」と聞くと、武尊は「いや、セガワです。セガワタケル」と否定。屋敷は思わず「『タケ』だけ一緒やん!ほぼ『松本人志』やん!」と、ダウンタウンの松本人志の名前をあげてつっこみ、嶋佐も「松本人志さんも金髪やけど。マッチョやし!」と、共通点を見つけてしまっていた。

さらに武尊は「でも、実際にマッサージ始まって顔見られて『あれ?武尊さんですよね』と気づかれたらめちゃめちゃハズい」と語り、これにも一同が同意。「もうこれで『マツモトタケシ』使えなくなる」と焦る武尊に、屋敷は「ハマダタケトシで」と、松本の相方・ダウンタウン浜田雅功にかけて提案していた。


(c)AbemaTV

続きを見る