【K-1】「1RでKOオーケー?」「ぶっ潰す」 スーパーファイト会見、試合前から一触即発

2月25日に代々木第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント」の前日会見で、スーパーファイト3試合に出場する6選手が会見に臨んだ。特にヘビー級の上原誠とイブラヒム・エル・ボウニの両選手は、お互いに過激な言葉とともに、KOを宣言、試合前から一触即発の雰囲気の中で会見は行われた。

■上原誠(士魂村上塾) VS イブラヒム・エル・ボウニ(Gym Haarlem)

イブラヒム・エル・ボウニが「コンディションは最高潮なので、明日の試合上原選手を素晴らしい内容でKOしますので楽しみにしてください」とKO宣言をすると、上原も「俺もKOしたいと思うので。2RでKOしようと思ってたけど1RでKOオーケー?」と相手を挑発するとエル・ボウニは「1RでKOできるのはお前の夢の中だけだ」と早くも両選手が火花を散らしていた。

質疑応答でも上原は「エル・ボウニ選手はデカイという印象だったのですが、実際生でみたら思ったよりデカくみえなくて、選手の器なのかオーラがあんまり見られなかったですね。明日はリングの上でどっちが強いのかというのを教えやろうかと思います」と再び過激な発言。対するエル・ボウニは「明日の試合が終われば2度と俺のことは忘れられないと思う」と語った。


■野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場) VS ユネス・スマイリ(T’OUDE WESTEN/GYM HOOFDDORP)

ユネス・スマイリが「試合に向けての準備は万端です。早く明日暴れたくてしょうがないです」というコメント。対する野杁は「僕もコンディションがいいので、調子の良い者同士が戦うので間違いなくいい試合になると思います。楽しみにして欲しいと思います」と淡々と語った。

質疑応答で野杁は対戦相手に対し「記事を見たら”僕を相手に気をつけるのは膝蹴りだけ”と言っていたので、その膝蹴りがどんだけ怖いものか、膝蹴りでKOしたいと思いましたね。敢えて膝蹴りにこだわってやろうかな思ってます」と語ると、スマイリは「野杁選手はいい選手だと思いますが。自分の方がさらに完璧な選手だと思っているので、明日は必ず自分が勝つ試合になると思います」とコメントした。


■松倉信太郎(TRY HARD GYM) VS 日菜太(クロスポイント吉祥寺)

日菜太は「はじめましての人がたくさんいるかなと思います。明日凄くいい試合が並ぶK-1のラインナップの中で僕の試合がここに組まれたということで“日菜太がここにいるぞ!”という試合をしたいなと思います。今日までやって来た準備っていうのは凄くたくさんしてきて、今まで記者会見で言いたいこともたくさん言ったこともあるので、明日は試合でしっかりみせて試合後に色々なことを言えるように頑張りたいなと思います」と試合前に多く語ることを封印。質疑応答でも「今日はゆっくり休んで、全試合の中で"日菜太また見てえな”と思わせる試合をしてみせます」と力強く語った。

一方の松倉は「平日の忙しい中、集まりありがとうございます。計量パスして、明日やるだけなので待ちきれない、早く試合がやりたいです」

「練習は気合は入ってるんですけど試合は試合でいつもどおりなので”覚悟をもってやるかやられるかの試合をする”という選手がよくいて、僕も真似していたんですけど、本当の覚悟の意味も判ってなかったのですが、今回いつもの心境とは違った気持ちですし。それがどう結果にでるか判りませんがいつもと違う自分が見せれると思うので」と力強く抱負を語った。

各選手が表現は違えど「KO宣言」という形で締めくくった会見。スーパーファイトでも、前日から両選手の強い意気込みが感じられる会見となった。



続きを見る