“達人の境地”で挑む 新生K-1初参戦の大和哲也、HIROYAと一騎打ち

4月22日のK-1・代々木第二体育館大会でHIROYAと対戦する大和哲也が、11日に練習を公開した。

K-1 MAX時代、63kgトーナメントで優勝している大和だが、新生K-1には初参戦。それだけに「挑戦であり勝負の一戦。自分の今後の人生が決まってくる」と気合い充分だ。6年ぶりとなるHIROYAとの対戦にも「運命的なものを感じる」という。

参戦するからには、もちろん狙うのはチャンピオンの座。とはいえ「欲は大事だけど、欲深くてはいけない」と大和は言う。50戦以上のキャリアを重ね、自分のいい時と悪い時を「俯瞰で見てみた」結果として、「もう1人の自分がいるくらい冷静に試合ができている時は、いい勝ち方ができている」ということに気がついたという。

今回の試合も、気合いが入っていながら「自然にやれば倒し倒されのいい試合になるんじゃないですかね」と自然体で臨むという。一昨年からは練習に合気道を取り入れており、「精神面の勉強にもなりました」。新生K-1には、いわば達人の境地で臨むことになりそうだ。

ここ数年はヒジ打ちありのムエタイルールで結果を出してきた大和。掴みが禁じられたK-1ルールに順応する練習もうまくいっているという。

実績のある選手だけに、HIROYA戦の結果と内容によってはタイトル挑戦者候補に挙げられる可能性もある大和。「デビュー戦のつもりで仕上げる」という今回の一戦は大きな注目を浴びそうだ。

続きを見る