「ベラトールNYC」キング・モー欠場で、デイヴィス対ベイダーの元UFC対決に

6月24日に開催されるアメリカの総合格闘技団体「ベラトール」による初のニューヨークでの大会「Bellator 180」のメインカードの一つ、キング・モー対ライアン・ベイダーのカードが、モーの負傷により消滅。急遽、現ライトヘビー級王者、フィル・デイヴィスとのタイトル戦になることが発表された。

元UFCのヘビー級、トップファイターがベラトールへ移籍し、その第1戦となることで注目度の高かったキング・モー対ライアン・ベイダーのカードだが、先日モーが雪辱を果たした対ランペイジ・ジャクソン戦での負傷により6月のリング復帰が難しくなった。モー側も「この試合の勝者と対戦したい」と、デイヴィス対ベイダーのタイトル戦終了後のタイトル戦線に加わることを宣言している。

なお現在のベラトール・ライトヘビー級王者、フィル・デイヴィスも元UFC離脱組の一人で、2015年1月UFC最後の試合で、今回の対戦相手ライアン・ベイダーに敗れている。デイヴィス、ベイダー、キング・モーと実力者揃いとなったベラトールのライトヘビー級の今後を占う意味でも、実力者ライアン・ベイダーの初戦は大きな注目を集めそうだ。

なお6月24日の「Bellator NYC」こと「Bellator 180」、メインイベントにヴァンダレイ・シウバ対チェール・ソネン、エメリヤーエンコ・ヒョードル対マット・ミトリオン、マイケル・チャンドラー対ブレント・プリマスといったビックカードが用意されている。

続きを見る