「KOじゃなくて、相手の身体を解体」 山本“KID”徳郁率いるKRAZY BEEの高橋遼伍、修斗で壊す闘いを見せる

総合格闘技の老舗・修斗が5月12日に後楽園ホール大会を開催する。注目の新鋭・魚井フルスイングの出場や征矢貴vs清水清隆のフライ級対決などがラインナップされたこの大会でメインを張るのは、環太平洋フェザー級王者の高橋遼伍。山本“KID”徳郁率いるKRAZY BEEの選手だ。


昨年11月に王座獲得を果たした高橋は、今回フランスの強豪アーノルド・クエロと対戦。メインでもあり絶対に落とせない試合だが、それを踏まえた上で「ベルトを獲るまでは勝ちにこだわってやっていたんですけど、ベルトを獲って一区切りなんで、次の試合からはお客さんに喜んでもらえる試合をしたいなと思います。人が喜んでくれたら自分もうれしいって感じですね」と言う。

現在4連勝中、うち3試合がKOの高橋。日体大にレスリングの練習をしに行くようになり、フィジカルが強化されたことで打撃にも磨きがかかったという。


得意技のローキックは「絶対に当たると思った時にしか蹴らない」、「出来るだけ少ない蹴りで効かせたい」というこだわりの技。「相手をKOするとか倒すじゃなくて、順番に相手の身体を解体していきますよ」とも言う。


ランキング制で、タイトルを頂点とするシビアな闘いが特徴の修斗にあって、高橋が目指すのは“魅せる闘い”であり“壊す闘い”。メインイベンターたるもの、これくらい強気でちょうどいい。

続きを見る