高橋ヒロム、意味深な発言も 新日本『SUPER Jr』開幕戦から目を離すな!

新日本プロレスのJr.ヘビー級リーグ戦『BEST OF THE SUPER Jr.』は、5月17日の開幕戦(後楽園ホール)から注目カードがズラリと並んでいる。その組み合わせは、以下のとおり。


・Aブロック公式戦

  • 獣神サンダー・ライガーvsTAKAみちのく
  • タイガーマスクvsボラドール・ジュニア
  • リコシェvsタイチ


・Bブロック公式戦

  • ACHvsBUSHI
  • KUSHIDAvsエル・デスペラード
  • ウィル・オスプレイvsマーティー・スカル
  • 田口隆祐vs金丸義信
  • 高橋ヒロムvsドラゴン・リー


第1試合でいきなりライガーが登場という見逃せないスタート。Jr.の立役者であるライガーは、今年で『SUPER Jr.』出場が最後だと宣言しているだけに、その勇姿を目に焼き付けたい。とはいえ相手は曲者中の曲者であるTAKA。多彩なテクニックの持ち主でもあり、ライガーにとっては油断できない闘いだ。


今年、優勝戦線を大きく左右しそうなのは、そのTAKAもいる鈴木軍。Jr.の強豪が数多くいる鈴木軍が新日本マットに戻ってきたことによって、その勢力図は混沌としていると言っていい。


開幕戦ではタイチが優勝候補リコシェと対戦。エル・デスペラードは王座奪還を目指すKUSHIDAと闘う。金丸義信と田口隆祐の経験豊富な実力者対決も、今大会、というよりリーグ戦屈指の好カードと言っていいだろう。鈴木軍といえば試合への乱入・介入も得意とするところ。試合展開しだいでは、星取り状況も大荒れになるかもしれない。


前年王者のオスプレイが対戦するのは、初参戦のスカル。開催直前にバレット・クラブ入りして話題を呼んだが、もともとオスプレイのライバルとして知られていた選手だけに実力は確かだ。開幕戦前日の記者会見でもオスプレイを挑発しており、イギリスでの“因縁カード”が日本で見られることになる。


そしてメインでは、現IWGP Jr.ヘビー級王者の高橋ヒロムがドラゴン・リーと対戦する。「なんの波乱もなく優勝する」と言ってのけたヒロムは、Jr.の地位向上のため、6.11大阪城ホール大会では「メイン後のリングに足を運ぶ」と意味深なコメントを残した。


現在の勢いで言えばヒロムが一歩抜けているか。しかしリコシェ、オスプレイの実力も超一流、加えて鈴木軍がかき回してくるとなると優勝戦線は分からなくなってくる。まずは大事な初戦、5.17後楽園で誰が輝き、誰がつまずいてしまうのか。重要なポイントになってくるはずだ。


(C) New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.

続きを見る