内藤哲也はどう出る?新日本プロレス、本格世界進出へ 7月LA大会で新設US王座決定トーナメント開催

今や新日本プロレスは世界のレスリング・カンパニーとしてWWEに対抗することを目指す立場と言える。動画配信サービスは世界中のファンに楽しまれており、そのハイレベルな闘いは誰もが絶賛。また現実的な面では、選手のアメリカ流出を防ぐためにも、世界規模のビジネスにしていく必要がある。


そんな状況で、新日本は7月1日、2日とアメリカ・ロサンゼルスで大会を開催。ここではオカダ・カズチカvsCodyのIWGPヘビー級選手権のほか、新設されたIWGP USヘビー級王座決定トーナメントも。1回戦の組み合わせは、以下のようになっている。


  • マイケル・エルガンvsケニー・オメガ
  • ジェイ・リーサルvsハングマン・ペイジ
  • ジュース・ロビンソンvsザック・セイバーJr.
  • 石井智宏vs内藤哲也


US王座だけに外国人が多いが、1回戦で石井vs内藤が組まれているのもポイントだろう。内藤はこのUS王座設立に関して、インターコンチネンタル王座の意味がなくなる、いたずらにベルトを増やしてどうするのかと意義を唱え、“ベルト破壊活動”に取り組んできた。


インターコンチネンタル王座を6.11大阪城ホール大会で棚橋弘至に奪われ、ここでUS王座決定トーナメントに出場することを本人はどう考えているのか。誰がベルトを巻くのかだけでなく、チャンピオンベルトの価値、意味も考えさせられる闘いになる可能性は高い。


(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.

続きを見る