トーナメントだけじゃない!中国人初のK-1王者ウェイ・ルイvsゴンナパーのハイレベルな戦いに注目

6月18日、さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」。トーナメントへの話題が集中しているが、同じレベルで無視できないのが2つのタイトル戦だ。特に注目なのは、2月に行われたライト級トーナメントの覇者、ウェイ・ルイの初防衛戦となるゴンナパー・ウィラサクレック戦である。


決勝で平本蓮を撃破し、中国人初のK-1王者となり、一躍時の人となったウェイ・ルイ。中国でも40戦38勝というとてつもない勝率を提げてのK-1での優勝も不思議ではなかったが、やはりそこはワンデイトーナメントならではの疑問も生まれてくる。


真っ先に思いつくのは、第1戦で卜部功也がゴンナパー・ウィラサクレックと対戦した事だ。トーナメントの幕が開く前までは「実質の決勝戦」との触れ込みもあった両者の対決。結果はゴンナパーがダウン一つの差で判定勝ち。しかし、この試合での消耗が激しかったこともあってか、勢いに乗った新鋭・平本に準決勝で2ダウンを奪われるKO負けで敗戦した。当然ながら「もしゴンナパーが無傷でトーナメントを勝ち上がっていたら?」という展開を想像する人は少なくないだろう。その要望に応えるように僅か4ヶ月でK-1は現在考えられるベストのカードという形で回答を出した。


現在のK-1の海外勢同士の対戦という点でみても、成長著しい気鋭の中国勢VSアジアの格闘界を牽引してきたムエタイという対立構造で見るのも一つの楽しみ方か。この試合の勝者と、雪辱に燃える卜部功也、もしくは、優勝まであと一歩まで王者を追い詰めた平本蓮といった次の挑戦者も見据えながら、このハイレベルな対決を堪能したいところである。

続きを見る