ケンカ上等!武尊、圧巻のKO勝利「体重オーバーするような選手は倒さないと」

新生K-1がさいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ初進出を果たした6月18日の大会には、フェザー級チャンピオンの武尊も登場している。


新たな大会場に打って出る記念すべき大会ということで「俺がいなきゃダメだろ」という思いからの出場だったという。

(「そろそろタイトル防衛戦もやりたい」と試合後の武尊)


ところが、試合は前日からアクシデントに見舞われてしまう。対戦相手のブバイサ・パスハエフが計量で規定体重をオーバーしてしまったのだ。ルールによりブバイサには減点1、グローブハンデのペナルティが課せられることになったが、これを武尊が拒否。「許せないけど、試合になったら体重は関係ない」とハンデなしでの試合実行を求めたのだ。


これが主催者にも認められたのだが、いざ試合が始まってみるとまたしてもアクシデントが発生する。1ラウンド終了のゴングが鳴った直後、両者が至近距離にいた状態でブバイサが武尊に手を出したのである。これに武尊も詰め寄り、完全にケンカの雰囲気に。ブバイサには減点1が与えられたが、まさに荒れ模様の試合となった。


とはいえ、武尊も「一発が重かった」と認めるように、ブバイサがかなりの実力者だったことは間違いない。武尊がパンチをもらう場面もあった。それでもヒザ蹴りなどで的確にダメージを与えていった武尊は、3ラウンドに右フックでダウンを奪い、最後は左右のボディブローでブバイサを悶絶させてKO勝ち。観客の溜飲を下げる見事な勝利だった。


結果的に、ブバイサの体重オーバーも反則も痛快な勝利の“お膳立て”になったようなもの。アクシデントがドラマに結びつくあたりも、武尊のスター性なのかもしれない。試合後には「K-1のKはKOのK。うまい試合もありますけど、僕はKOだけを狙います」と宣言した武尊。ブバイサの実力も認め、だからこそ「気持ちの闘いができた」と振り返ったが、同時に「K-1は中途半端な闘いじゃないんで。体重オーバーするような選手は倒さないと」とも。


さいたま初進出で「思い入れがあるし、気合いが入った」という武尊。初来日の選手とのノンタイトル戦ではあったが、武尊にしかできない試合で大きなインパクトを残したのだった。


文・橋本宗洋

続きを見る