MEGA-G、WWE日本公演レポート「一番の盛り上がりはフィン・ベイラーVSカール・アンダーソンの元B.Cメンバー同士の対決」

連日暑い日が続いてますが夏のAbema格闘TIEMSでも常に熱い戦いをお送りしております!!どうも、特派員のMEGA-Gです。近年は日本において初夏の風物詩になりつつあるWWE LIVE TOKYOへ先日行ってまいりました!!

残念ながら中邑真輔は今回の来日は叶いませんでしたが、待望の復活を遂げたヒデオ・イタミ、NXTで無敗記録更新中のアスカ、ドラゲーから渡米しクルーザー級を盛り上げる205 LIVEの戸澤、更にはB.Cの元総帥フィン・ベイラーにツインタワー、カール・アンダーソンにギャローズ、もちろんジェリコ!!と、日本マット界を盛り上げたお馴染みの選手達が凱旋する最高のタイミングでした。

自分は初日の6月30日に両国国技館へ行ったのですが、まず並んでるお客さんが皆さん熱量高めで中にはお気に入りのレスラーに扮したコスプレレスラーも・・・日本人もだいぶパリピが増えたみたいです(笑)その証に会場が暗転して視界が煽った瞬間、両国国技館はSUMO DOMEへと、観客はTVで見るようなWWE UNIVERSEへと一瞬で変わったのです!!


その熱を第1試合から盛り上げたのがクリス・ジェリコでした。ヒデオ・イタミの凱旋試合でありましたが会場の大"Y2J”コールに後押しされたジェリコがヒデオを翻弄。ヒデオの斬れ味鋭い蹴りは健在でしたが肝心のG2Sが寸前で決まらず最後はジェリコの必殺技、ウォールの前にタップアウト。最後にヒデオを讃え、アリガトウゴザイマシタと日本語で締めたジェリコのマイクパフォーマンスも込みでいきなりUNIVERSEの心はガッチリ掴まれたでしょう!!

その後もシェイマス、セザーロの必殺技をお預けにする意地悪な戦い(笑)や、戸澤のタイトルマッチなど見所はあったのですが個人的にこの日のリングをいろんな意味で沸かせたのはTHE MIZではないでしょうか?

巨漢サモア・ジョーを引き連れ、ディーン・アンブローズ、セス・ロリンズの元シールドとの対戦だったのですが生のミズはより狡猾でその動きのひとつひとつが時にUNIVERSEを苛立たせ、時に笑わせ、気づけば皆が注目するのは自然とミズなのです!!ジョーの身体に似つかわしくない動きやアンブローズの狂犬ファイトやロリンズの豪快なダイヴも大いに盛り上がりました!!が、奥さんマリースとの痴話喧嘩から負けっぷりまで込みで自分はミズに魅了されてしまいました…

そして試合の内容で一番盛り上がりを見せたのはフィン・ベイラーVSカール・アンダーソンの元B.Cメンバー同士の対決でした!!新日本時代にはプリンスデヴィットでお馴染みのベイラーも長いリハビリを終えて最近は第一線で大活躍中ですが、アンダーソンもWWEでもTHE CLUBとしてギャローズと大暴れしています!!因みに元パートナーのバーナードは現在NXTパフォーマンスセンターのコーチだとか…と、話が逸れましたが試合開始と同時にアンダーソンがいきなりB.Cメンバーお馴染みのハンドサインを見せてベイラーが応じる所に攻撃を仕掛ける常套手段。場外でもギャローズが搔きまわす!!やはりこの2人は良いチームだな…

しかしベイラーも必殺技のノータッチトペコンで2人まとめて蹴散らしたり打点の高い華麗なドロップキックなどで対抗。ベイラーの背中には羽が生えてる、確実に(笑)最後は片翼の天使を狙ったアンダーソンをかわし、リングに叩きつけから必殺のクー・デ・グラ!!これで勝負ありでした。しかし日本マットで活躍したレスラーがWWEで活躍して元気な姿を再び日本で見れるのはとても幸せですね!!

9月には中邑真輔も凱旋らしいので、日本で展開するプロレスとは一味も二味も違った本番アメリカのエンターテイメント性の高いプロレスを是非今後はAbemaTVでも視聴出来るようにお願いします!!(笑)


MEGA-G(BOOT BANG ENTERTAINMENT / STONEDZ)


(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

続きを見る