総勢60人の選手が登場!DDTプロレス両国大会は “DDTらしさ”全部のせ

今年、旗揚げ20周年のDDTは、上半期にさいたまスーパーアリーナ大会や東京ドームでの路上プロレスを成功させてきた。そして8月20日には、恒例の両国国技館大会を開催する。

(タッグ王座に挑戦するHARASHIMAと丸藤)


メインイベントは竹下幸之介に遠藤哲哉が挑むKO-D無差別級選手権。竹下が22歳、遠藤が26歳、ともに2012年デビューという若い選手同士のタイトルマッチだ。とはいえ竹下はエース・HARASHIMAから王座奪取、遠藤は両国メイン進出者決定トーナメントを制しており、文句なしのトップ対決。しかも両者は元タッグパートナーという因縁があり、4月には後楽園ホールで60分フルタイムドローの死闘を繰り広げている。


鍛え上げた肉体、難易度も危険度も説得力も高い闘いぶりなど、竹下と遠藤が現在のDDTを代表する選手であることは間違いない。20周年の両国大会は、総決算であると同時に現在形、そして未来を見せるものになりそうだ。これまで、DDTのシングル王座戦といえばHARASHIMAや飯伏幸太、ケニー・オメガといった選手たちが争ってきた。そのイメージを自分の試合で一新したいという目論見も、竹下にはあるようだ。


一方、その対極とも言える、高木三四郎vs男色ディーノのシングルマッチも。これはディーノが勝てばDDTのリングにおける全権をディーノが獲得、高木が勝った場合はゲイレスラーであるディーノ(40歳)が結婚しなければならないというルール。試合時間が経つにつれて公認凶器が追加されていく試合形式だが、この2人だけに単なる武器ではなく、精神的揺さぶりをかけるアイテムが登場する可能性もある。こちらはDDTの“文化系プロレス”の部分を象徴するカードだ。


さらに、ビッグマッチならではの豪華カードとして、HARASHIMAがノア・丸藤正道とタッグを結成。入江茂弘&樋口和貞のタッグ王座に挑戦する。「DDTをもっと盛り上げるため」丸藤と組むことにしたというHARASHIMA。丸藤も「ゲスト参戦で終わるつもりはない」と語っており、チャンピオンになればDDTのトップ戦線で闘っていく展開もありうる。


他にも6人タッグ王座戦、新設された5vs5の10人タッグ選手権、W-1の黒潮“イケメン”二郎も参戦と、今年もバラエティ豊かなラインナップの両国大会。本戦前のアンダーマッチを含め総勢60人近い選手(一部、選手ではない者も試合に登場)による、DDTらしさ全部のせの大サービスを堪能したい。

文・橋本宗洋

続きを見る