ハリウッドJURINA、聖地・後楽園ホールへ!『豆腐プロレス』は単なる「AKBメンバーによるプロレスイベント」ではない

8月29日、いよいよ「豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX in 後楽園ホール」が開催される。会場は後楽園ホール。プロレス・格闘技の“聖地”と呼ばれる場所だ。

AKB48グループのメンバーがプロレスラーを演じて話題となったドラマ「豆腐プロレス」の世界を現実のリングで再現するというこのイベント。ドラマには登場しなかった新メンバーも加え、プロのコーチの下で厳しい練習が行われてきたという。


ドラマのオンエア時から、彼女たちのプロレスへの取り組み方は高く評価されてきた。しかし音響や編集によって迫力をプラスできるドラマとは違い、現実のリングではまったくごまかしがきかない。すべてが一発勝負であり、怪我をする危険性もある。四方から視線が注がれるという意味では、ステージで行われるライブともまた違う。


それでもあえて、この大会を開催するところにAKB48グループとメンバーのチャレンジ精神がある。特に注目なのは、やはり松井珠理奈。ドラマがきっかけでプロレスにハマった彼女は、「メンバー中で一番、後楽園ホールに行っている」からこそ、そこで試合をするのが「夢みたい」であり、同時に生半可ではない責任も感じているはずだ。


ましてこれは、単なる「AKBメンバーによるプロレスイベント」ではない。ドラマ「豆腐プロレス」の現実版であり、つまり試合をするのは松井珠理奈であると同時に劇中のレスラー・ハリウッドJURINAなのだ。


その曖昧さという魅力、現実とフィクションの境目に、プロレスファンになった珠理奈は気づいたのかもしれない。彼女のツイッターアカウント名は「松井珠理奈(ハリウッドJURINA)」になっている。


メディア発表会では、珠理奈と宮脇咲良がコメント取材に応じたが、その最後に両者が睨み合いながら握手する場面があった。裏話をすると、これは撮影用の「画作り」ではなく2人のアドリブ。関係者も知らないハプニングだった。それだけ、プロレスラーとしての自分になりきり、入れ込んでいるということだ。


8月29日、リングに上がるのは松井珠理奈でありハリウッドJURINAだ。虚構の中のリアル、あるいはリアルの中の虚構か。これはアイドルイベントでありプロレスイベントでもあり、そして壮大な実験とも言えるかもしれない。

続きを見る