「一食で三合食べます」注目の女子レスラーアイドルユニット・おにぎりプロレスとは?

AKB48グループのメンバーがドラマ「豆腐プロレス」でプロレスラーを演じ、後楽園ホールでもイベントが開催されるなど、アイドルとプロレスの関係は深い。東京女子プロレスには、アイドルでありながらレスラーデビューした才木玲佳、伊藤麻希が参戦中。

アーサ米夏がお米30kgを持ち上げるパフォーマンスでPR大使に。


その一方、レスラーながらアイドル的な人気を博す選手も少なくない。オールドファンなら、ビューティペアやクラッシュギャルズがレコードをヒットさせたのを覚えているはず。


アイドルの世界に地下アイドルがいるように、インディー団体にもアイドルが。異色の女子プロレス団体「我闘雲舞」からは、レスラーアイドルユニット「ガトームーブ」が誕生し、プロレスのリングだけでなく音楽イベントにも参戦。さらに、そのガトームーブからアーサ米夏、アサッテ海苔香のユニット「おにぎりプロレス」も生まれ、独自のライブ活動を展開している。


そのおにぎりプロレスが、突如として大役をゲットした。JA福井(福井県経済農業協同組合連合会)による、平成29年産福井米キャンペーンのPR大使に就任したのだ。

もともと、このキャンペーンはハローキティとのコラボによって9月1日から11月31日まで行なわれることになっていたもの。クリスマスにハローキティが来てくれる「遊びに来る」賞、サンリオピューロランド親子入場券などのプレゼントも用意され、発表イベントもサンリオピューロランドで開催。


そこにおにぎりプロレスが「乱入」して、サポートメンバー的存在の里歩と3人でのPR大使就任をアピールしたわけだが、その理由が「アーサ米夏がお米大好きであること」、「福井といえば天龍源一郎さんの出身地、だからプロレスラーの私たちが」というなかなかの強引さ。

それでも福井米30kgを持ち上げてプロレスラーのパワーを証明、PR大使に就任すると、ギャラとしてそのお米も手に。「大使になるためにおにぎりプロレスを結成したと言っても過言ではないんです!」と海苔香。「一食で三合食べます」と豪語するアーサは、今後コスチュームに「福井米」のブランドロゴを入れ、アピールに力を入れていくとのこと。こうしてプロレスとアイドルとハローキティと福井米が同居するキャンペーンが出来上がっでしまったのだった。

9月1日の福井米キャンペーン発表。お米、ハローキティ、プロレス、アイドルのコラボが実現。


9月17日には、渋谷のライブハウス・Gladにて我闘雲舞とおにぎりプロレスの新曲発売イベント&試合も開催。9月22日には我闘雲舞の新宿FACE大会で、アーサ米夏が紺乃美鶴と組み、沙紀&瑞希と対戦。相手は現代女子プロレスを代表する名タッグだけに、我闘雲舞の新鋭コンビにとっては試練であり大チャンスだ。また、この大会ではスーパーアジア初代王者決定トーナメント決勝戦として、里歩vs「ことり」も。


というわけで注目される機会が増えてきそうなこの秋。ぽっちゃり系ブランドのモデルでもあるアーサは、9月17日のライブに向け「ご飯三合食べたくらいの満腹感にしちゃいます」と意気込んでいる。

続きを見る