「1ラウンドKO」予告 K-1・Krushの新スター候補・軍司泰斗が王座獲りに挑む

K-1・Krushの新たなスター候補と言える選手が、軍司泰斗だ。昨年、高校3年生でK-1甲子園優勝を果たした18歳。プロでも実績を挙げ、9月8日のKrush後楽園ホール大会(17時~AbemaTVで生中継)で-53kg王座決定戦に臨む。対戦相手は隆聖。初代王者・武居由樹(現K-1スーパーバンタム級王者)のタイトル返上を受けての対戦だ。隆聖は武居ともタイトルマッチで対戦、激闘を展開している。


軍司は武居がチャンピオンだった時期に挑戦権を獲得、対戦相手が変わったという経緯があり、また自身もこの間に敗戦を経験。今回は出直しの一戦でもある。


そんな複雑な状況ながら、軍司にとっては前回の敗戦が気持ちを入れ替える効果もあったようだ。またボクシングジムでの練習やウェイトトレーニングによって、選手としてレベルアップを果たしているともいう。-53kgはKrush最軽量の階級ながら、目指すは「倒す闘い」。隆聖もアグレッシブな選手だけに、Krushらしい打ち合いが展開されそうだ。


武居と隆聖の試合が3ラウンドでの決着だったことを受け、軍司は「1ラウンドで倒します」と早期KOを予告した。その言葉が現実になれば、ニュースター誕生への道も大きく拓けることだろう。

続きを見る