「攻めるDDT」男色ディーノ体制で注目カード続々決定 9.24DDT後楽園で“文化系プロレス”の真骨頂を見よ!

旗揚げ20周年を迎えたDDTが、この夏から新たな時代に突入した。8月の両国国技館大会で“大社長”高木三四郎に男色ディーノが勝利、リング上の全権を掌握し、プロデューサーに就任したのだ。

9.24後楽園で対戦するディーノとササダンゴ、と坂井


「攻めるDDT」をモットーとする男色Pは、さっそくHARASHIMAと組んでタッグ王者になったノア・丸藤正道と工場プロレス(リングを設置せず鉄工所内で行なう路上プロレス)で対戦。


また9月24日の「男色体制」初の後楽園ホール大会(11:30~ AbemaTVで生中継)のメインでは、KO-D無差別級王者・竹下幸之介vsエクストリーム級王者・佐々木大輔vsインディーJr王者・大家健の3WAYトリプル王座戦をマッチメイクしている。


ガンバレ☆プロレスの代表でもある大家は、DDTグループ最大の熱血漢にして天然にして曲者、かつ無闇なカリスマ性を持つ男。正攻法のプロレスが通用しない大家との対戦は、DDTの新エースとして期待される竹下への試練でもある。

メイン登場の佐々木は大家の通帳を強奪


大家は9.24後楽園を前に王座防衛戦があるため(9.21ガンプロ新宿FACE大会)、もしベルトを失った場合はどうするのかという問題が浮上。そこで大家は、自身の預金残高全額、66万4911円をかけると言い出した。結果として王座防衛に成功した大家だが、大会中に佐々木に貯金通帳を奪われてしまう。佐々木はあらためて、この残高71万4146円(ちょっと増えている)の通帳を試合にかけると宣言。


また、この大会では「DDT旗揚げ20周年イヤーのうちに男色Pが皆様にお見せしたいスペシャルシングルマッチ」としてHARASHIMAvsKUDOのベテラン対決も実現。常にトップ戦線で活躍し、DDTを盛り上げてきた両者の対戦は20周年にふさわしい。


この一戦、どちらが赤コーナーで後から入場するか、つまりどちらが「格上」かもポイントとなったが、男色Pの提案により、記者会見中に「あっち向いてホイ」で決めることに。HARASHIMA、KUDOともなぜか上半身裸になる気合いの入れようで臨み、この“前哨戦”はKUDOが勝利した。とはいえあっち向いてホイで大人げないほど熱くなる負けず嫌いっぷりは完全に互角。HARASHIMA曰く「そうやってここまできたんだから」。

あっち向いてホイ対決から異様に白熱したKUDOとHARASHIMA


さらに、9.24後楽園の目玉カードの一つとして「DDT旗揚げ20周年イヤーのうちに男色Pが皆様にお見せしたいのだけれども、それに相応しい内容になるかどうか不安極まりないスペシャルシングルマッチ」男色ディーノvsスーパー・ササダンゴ・マシンも決まった。


会見にはディーノ、ササダンゴ、そしてササダンゴの地元・新潟の先輩であるマッスル坂井も出席。これまで、マッスル坂井がマスクを被った姿がササダンゴ・マシンだと思われてきたが、どうやら別人だった模様。


記者会見でのコメントも主に任されたササダンゴ。これまでと違い、某新人レスラーによく似た朴訥とした喋りが印象的だった。そのササダンゴの提案により、この試合は「ルーザー・リーブ・ハウス」マッチとして行なわれることに。負けたほうが強制的に引っ越さなければならないというルールだ。


ディーノが負けた場合、14年間暮らした世田谷区若林の部屋からついに出ることになる。一方、ササダンゴは妻子のいる新潟の家から東京に引っ越す模様。「家族も理解してくれると思います」というササダンゴに「他人事みたいに言うな」と坂井。


そんな人生の転機すらプロレスで決まるのがDDTであり、これまで“文化系プロレス”を体現してきたディーノのプロデュースによって、そのエンターテインメント性はさらに増していきそうだ。


文・橋本宗洋

続きを見る