オカダを沈めるか、内藤と対決か?“キング・オブ・ダークネス”EVILから目が離せない

新日本プロレスの秋の大一番、10月9日・両国国技館大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカに挑戦する“キング・オブ・ダークネス”EVILが、前哨戦でオカダを圧倒し、IWGP王座奪取へ自信を深めている。


9月10日に福島・県営あずま総合体育館で行われた、NEVER無差別級6人タッグ選手権試合では、王者組のEVIL、SANADA、BUSHIがオカダ・カズチカ、矢野通、ロッキー・ロメロ組の挑戦を退けて3度目の防衛に成功。試合終盤には、EVILがオカダのレインメーカーにカウンターの強烈なEVIL(変型大外刈り)を決めてKOし、不敵な笑みを浮かべた。


9月16日の広島サンプラザホール大会では、オカダ・カズチカ、石井智宏、矢野通、ウィル・オスプレイ、外道の“CHAOS”と、内藤哲也、EVIL、SANADA、BUSHI、高橋ヒロムの“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”が10人タッグで全面対決。試合はBUSHIが外道にエムエックスで勝利し、試合後もEVILは、オカダをイス上にダークネスフォールズ(変型ボム)で沈め、KO状態に追い込んだ。


今年のオカダとのG1公式戦で、EVILは場外イス上へのダークネスフォールズでオカダの首を破壊。最後は狙いすましたEVILで金星を挙げ、IWGP初挑戦のチャンスをつかんだ。一方のオカダは、この敗戦後、首の負傷が大きく影響して失速。G1の優勝決定戦進出を逃している。


EVILは、G1開幕前の会見で「現IWGPヘビーチャンピオン、超人オカダ・カズチカの倒し方を、このオレが見せてやるよ」とコメントし、9月7日の後楽園大会の試合後にも「超人オカダ・カズチカの倒し方は、まだまだあるぜ。そこんとこよく覚えておけ」とマイクアピールしている。


■海外武者修行から"キング・オブ・ダークネス"EVILとして帰国

EVILは、2011年5月、本名の渡辺高章で高橋広夢を相手にデビュー。2013年10月からアメリカへ海外武者修行に出ると、ROH、XICW、JCWなどさまざまな団体に参戦。2015年7月11日には、ジェフ・ジャレットが主宰するGFWに参戦し、真田聖也(現SANADA)と組んでカール・アンダーソン、ドク・ギャローズ組と対戦している。


2015年10月12日、両国国技館で行われた「KING OF PRO-WRESTLING」で、棚橋弘至と対戦した内藤哲也の“パレハ”(相棒)として登場。試合終盤に乱入すると、棚橋にジャーマン・スープレックスを繰り出し、試合後には棚橋の救出に駆けつけた後藤洋央紀に対して変形大外刈りを見舞い、KOに追い込んだ。バックステージでは内藤より「彼の名前は"キング・オブ・ダークネス"EVIL(イービル)だ」と紹介され、リングネームを変更。内藤と結託した。


同年11月7日、「POWER STRUGGLE」にて後藤を相手に凱旋試合を行ったEVILだが、試合終盤に内藤が試合に乱入。内藤は後藤に急所蹴りを見舞い、デスティーノを炸裂させた。EVILは反則負けとなり、後藤との遺恨をさらに深める結果となった。


この年の「WORLD TAG LEAGUE」に内藤とのタッグで出場したEVILは、内藤、BUSHIと共に、「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を結成し、ユニットとして本格的な活動を宣言。のちに、SANADA、高橋ヒロムが加わり、一大ブームを巻き起こすことになる。


■新日本プロレスのトップレスラーを着実に撃破

2016年5月3日、「レスリングどんたく2016」で、因縁の後藤と対戦。一進一退の打撃戦の末、カウンターのラリアット、ローリングエルボーへと繋げるとダークネスフォールズで追撃。そして最後にEVILを決めて完勝した。


この年、G1 CLIMAXに初出場したEVILだが、結果は4勝5敗で終わった。しかし、最終公式戦で柴田勝頼から勝利したことで、柴田勝頼が保持するNEVER無差別級王座に挑戦し、ベルトを奪取。初の王座戴冠となったが、柴田とのリマッチに敗れ、同王座から陥落した。


2017年3月11日の「NEW JAPAN CUP 2017」1回戦で棚橋弘至と対戦したEVILは、毒霧攻撃からのEVILで勝利を奪い、「棚橋弘至の魂よ、安らかに眠れ」と世代交代を強調。2回戦では永田裕志も撃破し、準決勝まで駒を進めた。


新日本プロレスのトップレスラーを着実に倒してきたEVILは、「この俺がIWGPを取ったあかつきには、支配の始めとして、東京ドームで内藤哲也とシングルをやってやる。今の内藤はオカダよりIWGPより東京ドームに重きを置いているようだが、EVILが王者で内藤が挑戦者の、今までにないシチュエーションは最高に刺激的だろ?」とコメント。


EVILのIWGP初挑戦初戴冠、そして内藤との初対決は実現するのか。まずは10月9日のオカダ・カズチカ戦に注目だ。

(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.

続きを見る