群雄割拠の新日本ジュニア戦線、遂にオスプレイが王者に!そしてヒロムはまたも…

オカダ・カズチカ、内藤哲也と実力者がきっちり結果を出した10.9新日本プロレス両国大会だが、IWGPジュニアヘビー級選手権では劇的な王座移動が実現した。

王者・KUSHIDAに挑んだのはウィル・オスプレイ。昨年、ジュニアのリーグ戦『ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア』を制してファンに衝撃を与えた空中殺法の使い手だ。


これまで、どうしてもKUSHIDAに勝てなかったオスプレイだが、序盤の足殺し、そして腕への関節技を耐え抜くと大技ラッシュ。KUSHIDAの必殺技であるホバーボードロック、バックトゥザフューチャーもクリアし、オスカッターを決めてシングル5戦目でKUSHIDA超え。悲願のベルト奪取を果たした。


ここでリングに上がってきたのが高橋ヒロムだ。以前も挑戦表明しようとして遮られたヒロムは、今度こそ王座奪還を狙う…と思われたが、割って入ったのがマーティー・スカル。得意の指折り攻撃でヒロムを退け、タイトル挑戦をアピールした。もはや挑戦表明不発が名物となりつつあるヒロムに次のチャンスは訪れるのか…。


またIWGPジュニアタッグ選手権試合では、田口隆祐&リコシェの王者組に謎のユニット「ROPPONGI 3K」が挑戦。その正体はYOHこと小松洋平、SHOこと田中翔。海外武者修行から帰国していた2人は、いきなりの王座戦で激勝。ベルトを奪ってみせた。


シングル、タッグともに新王者が誕生し、群雄割拠のジュニア戦線はますます厚みを増した形に。年間最大のイベントである1.4ドームのカード、あるいはそれにつながるマッチメイクも含め、どのような闘いが展開されるかが気になるところだ。

続きを見る