最凶チャレンジャー・男色ディーノ、DDT新時代を担う竹下幸之介と直接対決 「アンタも生き様を見せつけなさい」

今年3月にエース・HARASHIMAから DDTトップの証であるKO-D無差別級王座を奪い、激闘の連続で防衛を重ねてきた竹下幸之介が試練の一戦を迎える。10月22日の後楽園ホール大会、歴代最多防衛記録をかけて対戦するのは、 DDTの象徴と言うべき男色ディーノだ。

(ボディビル大会出場に向け前哨戦の最中も減量していた竹下(中央)。タイトル戦はベスト体重で臨む。)


ディーノは8月の両国国技館大会で“大社長”高木三四郎を下し、 DDTにおけるリング上の全権を掌握。プロデューサーに就任し、ノアの丸藤正道と「工場プロレス」で対戦するなど独自のマッチメイクを行なってきた。中には「Pのお戯れ」と題してのイケメン若手選手とのシングルマッチも。


もともとの人気に加え「男色P」としての手腕もあって、ディーノは今年のDDT総選挙で個人部門1位を獲得。その特典として竹下への挑戦が決まった。プロデューサーとして、竹下にvs佐々木大輔・大家健という異色の3WAYトリプルタイトルマッチを課したことがあるディーノだが、今回ついに直接対決が実現するわけだ。


DDTの今とこれからを担う竹下にとって、総選挙1位、すなわち“民意”を後押しに挑戦してくるディーノとの闘いはまさに難関だ。心技体だけでは勝てない相手であり、厄介さという意味ではディーノは最凶のチャレンジャーだと言えるだろう。


対戦に向け、ディーノは竹下にこう語りかけた。

(竹下に「生き様」を問いかけたディーノ。新技「ストラングルP」も開発。)


「私にとってプロレスは生き様をぶつける場所。私にはこれしかない。この生き方しかない。アンタが頑張ってるのは知ってるけど、それが伝わってないのよ。私はアンタに生き様をぶつける。アンタも生き様を見せつけなさい」


高い身体能力を持ち、器用さもあるだけに気持ちが伝わりにくい面がある竹下。しかし幼少時代からの生粋のプロレスファンであり、そもそもDDT入門を目指したきっかけの一つが、ファン時代に入場中のディーノに唇を奪われたことだった。前哨戦では掟破りの逆男色殺法を見せる場面も。


「防衛を重ねて、絶対王者になっていくことはぶらさない」と竹下。彼には彼の理想像がある。ボディビルの大会に出たのもその一つだろう。減量も含め極限まで肉体を磨き上げ、他の選手には真似のできない道を進んでいる。それがDDTらしくないと言われるなら、自分が新しい DDTのイメージを作ればいい。それが竹下のスタイルだ。


10.22後楽園では、多くの観客がディーノに声援を送るはず。その中でディーノが「勝つ」ためにどんな闘いを見せるか。竹下がDDTのチャンピオンとして何を表現するか。大きなテーマを持つ一戦だ。


文・橋本宗洋


「DDT Special 2017」は10月22日(日)11:30~AbemaTVで生中継

続きを見る