“筋肉アイドル”才木玲佳、雄叫びをあげる!武藤敬司公認「シャイニング・ウィザード」炸裂 東京女子プロレス王座防衛

東京女子プロレスのシングル王座「TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス」保持者で、“筋肉アイドル”としても人気の才木玲佳が、同団体の新木場1st RING大会(11月3日)に出場した。


才木はこの大会のメインイベントでタイトル防衛戦。挑戦者・辰巳リカのヒップアタック、足4の字固めといった攻撃に苦戦を強いられる。蹴りを得意とする才木だけに、足を攻められた影響は大きかったようだ。

タッグチーム「どらごんぼんば~ず」でも活躍する辰巳は、藤波辰爾リスペクトの技を得意とし、また越中詩郎と組んでヒップアタックにも磨きをかけてきた。何より「(キャラ先行だと思われてきた)自分がベルトを巻いて世界を変える」という意気込みが凄まじい。


「タイトルマッチは挑戦者の意地が伝わってくる」と、防衛戦の難しさを語った才木だが、辰巳の猛攻を受け止めた上で武藤敬司公認のシャイニング・ウィザードを炸裂させると、雄叫びとともにジャックハマーを決めてスリーカウントを奪取。

才木はこれで2度目の防衛に成功。「次の防衛戦は1月4日の後楽園ホール」と、3度目の防衛戦に団体最大のイベントを指定した。挑戦の名乗りをあげたのは山下実優と優宇。


山下は才木のタッグパートナーであり初代王者、優宇は第2代王者で、才木とは過去に1勝1敗という戦績だ。まずは山下と優宇が挑戦者決定戦を闘い、勝者が1.4後楽園で才木に挑戦することになる。


東京女子プロレスの中でも実力者として知られる山下、優宇のどちらと闘うことになっても、才木にとっては大きな試練。そして才木vs山下、才木vs優宇ともに、後楽園のメインにふさわしいカードとなりそうだ。

続きを見る