山本KIDがK-1に放つ“謎の刺客”がベールを脱ぐ「ワンパンでボコボコ」「魔娑斗の推薦選手には負けたくない」

11月12日にいよいよスタートするK-1ファイター登竜門番組「格闘代理戦争」(AbemaTV)。K-1/Krush/KHAOSを運営するK-1 JAPAN GROUPが次世代ファイターを発掘する公認番組ということもあり、放送前の直前SPでも、「強い奴」を求めに魔娑斗、山本”KID”徳郁、青木真也、小川直也といった錚々たる面々の元を訪れた。

そんな中、一般アスリートなどから公募という形で人材発掘をスタートした魔娑斗、ゼロ回答の小川・青木両氏に対し、ただ一人だけ「強いヤツを知っている」と名乗りを挙げたのが山本KID徳郁だ。


彼は「スソン」と名乗る選手を推薦。当然ながら世に出ていない存在とあって完全にベールに包まれた選手ということだが、遂にそのスソンがベールを脱ぐ。

山本KID、山本美憂、UFCファイターの石原夜叉坊といった錚々たる面々に迎えられて登場するスソン。KIDは「身体能力が凄いので、普通の予想していないところから足が出てくる」とその才能に太鼓判を押す。


スソンもまた「KRAZY BEE(KIDのジム)の看板を背負わせてもらうので、尊敬するファイターたちの顔に泥を塗らないようにワンパンでボコボコに」と強気な発言。

また賞金の300万円について「1000%取る前提。頂いちゃいますね」と語り、使い道は「半分親にあげて、半分はお世話になっている人にご馳走させて欲しい」と律儀な面も見せるスソン。


特に魔娑斗が推薦してくる選手には特に負けたくないと、早くも魔娑斗VS山本KIDの代理戦争勃発という雰囲気も醸し出している。まずはどれほどの実力の選手か「格闘代理戦争#1」に要注目だ。

続きを見る