「天龍源一郎のいないプロレスは面白くないよ」 DVD&ブルーレイ『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』発売記念!天龍源一郎×MEGA-G対談【前編】

10月の某日、この日は季節外れの夏日で、私は必要以上に汗をかきながら赤坂駅に降り立った。しかし、この汗は暑さのせいだけでは無い。数週間前にインタビュアーのオファーを受けてからというもの、RAPも手に付かず毎日ソワソワして質問を熟考する日々が続き、頂いたドキュメントフィルムを何度も見直した。そんな大物を相手にする緊張から流れ落ちる汗でもあった。


Abema格闘TIMESの連載を始めてから数ヶ月、最近はもっぱらK-1やUFCなどを中心に観戦やレビューの執筆が続いていたが、自分の一番好きな格闘技はプロレスだ。そんな少年時代から見続けていた昭和プロレスの生き字引である伝説のレスラー・天龍源一郎と対面してインタビューをする……。正直言って全く現実味がなかったのだが、ドアの向こうのオフィスから聞こえる声を聞いた時に、一気にリアルのスイッチが入ったのを覚えている。


果たして声はしっかり聞き取れるだろうか? 失礼な質問で気を悪くすることはないだろうか? 不安は尽きない……が、緊張しているのが伝わってしまったのか、天龍さん自ら握手をしていただき緊張をほぐして頂いた……ここから始まる60分1本勝負。これは今を生きる漢の物語『LIVE FOR TODAY』を、より一層楽しむ為のインタビューである。



■天龍源一郎のいないプロレスは面白くない!


MEGA-G:まずは現役生活お疲れ様でした!


天龍:ありがとうございます。とはいえ、もう2年も経つんだけどね(笑)


MEGA-G:引退発表から引退試合までの1年を追ったドキュメンタリー映画『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』がDVDとブルーレイで発売されるということで、おめでとうございます!まずプロレスラーを引退してから今日に至るまで、どんな日々を過ごされてきたのでしょうか?


天龍:「普通の人ってこんなに自分で使える時間があるんだなあ」って、羨ましく思いったね。僕たちは試合があるから体を作らなくちゃいけない。まあラッパーの方もそうだと思うんですが、ステージに立つために最低限のことはしておかなければいけないよね?

これまでは、そういうことに追われてきた毎日だったので、(嬉しそうに)こんなに気ままに過ごせるのはねえ。今のところは満足してますけど、何年かしたら何もすることがない状態に腹が立ってくると思いますよ(笑)


MEGA-G:ウズウズしたりとかは?

天龍:それはないね!まあ、そのうちにエネルギーが枯渇して、自然消滅するかもしれないし(笑)


MEGA-G:現役を引退されてからプロレスを見る機会はあるんでしょうか?


天龍:全然観ないね!(キッパリ)


MEGA-G:全く観ないですか?


天龍:天龍源一郎のいないプロレスは面白くないよ(キッパリ)


MEGA-G:間違いない!最後におっしゃってましたもんね。確かにプロレスファンとしても、天龍さんがリングからいなくなっちゃうのは、寂しく思います。

DVDの中でもおっしゃられてましたが、引退してゆっくりされている中で、奥さんと旅行に行ったりしているそうですね。


天龍:「浜名湖の近くにあるお寺に行きたい」なんて誘われて、ドライブがてら一緒にあちこち巡ってますよ。彼女が二泊三日とかで予定を立てて、僕はそれに便乗させられてる感じですね(笑)


MEGA-G:へえ!車で行かれるんですか?


天龍:そうだね。適当なところに泊まって、彼女が見たいところを見て・・・という感じで。ちょうど良い時間を過ごしてますよ。


MEGA-G:ご自身で運転されるんでしょうか


天龍:俺と女房で交互に。


MEGA-G:運転は好きですか?


天龍:まあ運転してなきゃしてないで、運転してる人の気を使わなきゃいけないですからね。



■俺の声はマイクを通すと聞こえにくくなるんだよ!


MEGA-G:引退されてからテレビ出演が増えています。僕も少し前にドッキリの番組に出ているのを拝見しました。


嶋田紋奈代表(以下、紋奈さん):井戸田さんのやつですね。


MEGA-G:CMやテレビなどの仕事が増えたと思うのですが、そのあたりはどう感じているのでしょうか?


天龍:相撲とプロレスしか知らない人生を送ってきた天龍源一郎に、色んな人がオファーをくれてます。今までとは全然違う体験をさせてもらっている。そこで上手いことやると、ベストバウトができた気分になるし、上手くできなかったら代表(※紋奈さん)に「もっと上手く切り返さないとダメよ!」とツッコまれたりとかね(笑)。

まあ、新しい刺激をもらってますよ。これはこれで本当に刺激的な毎日ですね。だから、俺ん中では結構満足してるんですよ。


MEGA-G:新しい環境ですもんね。


天龍:ライブをやっている皆さんと同じように、言ったことへのリアクションがすぐに帰ってくる。まあ俺の場合は、仕事の帰りに代表にツッコまれることが多いんだけどね(笑)。それで「こういう風にやれば良かった」みたいなことを教えられるのが、すごく楽しいね。


MEGA-G:すごく新鮮な毎日を送られているんですね!


天龍:だって60過ぎたおっさんが、こんなことやれるなんて中々ないじゃないですか。俺にとっちゃ刺激的だよ。


MEGA-G:間違いないです!プロレスラー天龍さんを見てきた世代としても、新しいことをされているのは新鮮で楽しいです!


天龍:「いつも不機嫌そうな顔をしていた天龍がイジくられてメチャクチャにされてるけど大丈夫なの?」みたいに心配してくれる人がいるんですよ。それはそれでありがたいんだけどね(笑)


MEGA-G:今までのイメージを崩すような動きもしていきたいということですか?


天龍:そう思っているわけではないんだけどね。そこは、俺を使ってる制作の人やイジくってる人の着眼点であって。俺としては「そういうところを突いてくるんだ!」って感心してますね。

逆に言えば、そうやって自分のイジりどころを、自分自身が理解していくのも楽しい。そうでも思わないと納得できないところがある。「このヤロー! ナメやがって」って思っちゃうんだ(笑)。まあ、そのあたりが良い落とし所ですよ。


MEGA-G:自分を客観視されてるんですね。流石です! ところでテレビに出ることによって、今までプロレスを見てこなかった人や若い人が天龍さんのことを知ると思います。


天龍:それは確実にあるね。この前なんて、用事があって秋葉原に行ったら、その辺の本当にお姉ちゃんみたいな子が「あれって天龍じゃね?」って(笑)。今までだったら避けられてたような人が「天龍じゃん!」とか言ってね。「これがバラエティに出ている影響なんだなあ」って思いましたね。


MEGA-G:それは素直に嬉しいですか?


天龍:嬉しいというよりは戸惑いますね。


紋奈さん:まだプロレスラーとしての対応しかできないんですよ。「おう!」とか言っちゃう(笑)


天龍:「やあ! どうも!」とか言えれば良いんだけどね(苦笑)。


紋奈さん:バラエティタレントとしての対応ができない(笑)

MEGA-G:代表、厳しいっす!天龍さんをバラエティから知った人というのは、天龍さんを面白いおじさんだと思っているんでしょうね。


紋奈さん:ゆるキャラですね


MEGA-G:いい意味でゆるキャラだったり、滑舌をイジられたりしてというのがあると思います。個性的な滑舌で言うと、プロレスラーの中では、長州さん、藤波さん、天龍さんの名前があがると思います。その3人では誰が一番……。


天龍:その3人で誰が一番何言ってるかわかんないってんなら、藤波さんだろうな!

長州選手はせっかちだから速く喋ろうとするんです。で、言葉を飛ばして、バババッと喋る。勝手に着地点まで持ってっちゃうからね。

藤波さんは、話があっちに行ったりこっちに行ったりするから、何言ってるか分からないことがある(笑)。確かに聞き取りにくいのは俺かもしれないけど、言ってる内容がマトモなのは天龍源一郎だよ!(キッパリ)


MEGA-G:こうやって喋っている限りは、全く問題なく聞き取れるんですよね。


天龍:俺の声はマイクを通すと、ハモったりハウったりで聞こえにくくなるんだよ(笑)。


MEGA-G:DVDの中でもLINEスタンプの収録の光景が凄くインパクトがあって(笑)


天龍:あれはさ、俺のことより長州が引き受けたことが凄いんだよ!多分商品になるまでにマネージャーが相当なだめてると思うよ(笑)


■人から「もう引き際だろ」と言われるより、自分から言いたいという気持ちが芽生えた


MEGA-G:今回のDVDは引退ロードのドキュメンタリーです。いろんな団体や地方を渡り歩いていると思いますが、中でも印象に残ったのは?


天龍:団体というより「このプロレスラーと戦うことは二度とないんだな」という一抹の寂しさ、そして開放感がありました。「もうコイツと戦わなくて良くなるんだな」ともね(笑)。

全日本、新日本、WARなど色んな団体の時に行った地方もあったから、「もうプロレスラーとして来ることはないんだな」と。会場はもちろん、この場所自体に来ることはないんだろうな、と。ちょっと寂しくなった。

でもロードが終わった後、この映画ができて、また同じ場所から声がかかるんです。でも今度は映画館に行くわけじゃないですか? 全然行ったことがない様な場所なんだよ。そんな場所に行って、控え室で待たされて、お客さんの前に出て行く。また新しい感覚ですね。何しろ今までは体育館なんかにしか行ったことがなかったから。たった何ヶ月かの間に状況が大きく変わった。そのギャップに戸惑うことはありましたね。この歳になって新しいものをまざまざと見せつけられてる感じです。


MEGA-G:プロレスラー時代は地方といえば会場とホテルですよね。


天龍:会場とホテルの往復ですね。あとは居酒屋行って酒飲んで。本当にどこに行っても同じことをしてる(笑)。ところが今はショッピングモールの中の映画館とか。今までは、そんな人混みの中なんて行ったこともなかったですから、すごく新鮮です。


MEGA-G:町で言えば、どの辺りですかね?


天龍:最近は郊外の商店が潰れてしまって、巨大なショッピングモールの中に映画館を作ることが多いじゃないですか? あれは刺激的ですね。まあ商店だけじゃなくて、会場に使っていた体育館も新しく立て替えたりして、それはそれで寂しさもありますけどね。


MEGA-G:確かにそうですね。


天龍:大きくて綺麗な体育館って、プロレスには貸してくれないことが多いんだよ。椅子を壊したり、あとは大仁田厚あたりが使用料を払わないで帰ったりするからさ(笑)


MEGA-G:(爆笑!)ちなみに大仁田選手はまた引退すると言ってますが、天龍さんは復帰したりしないんですか?


天龍:年齢もあるんですけど「カムバックしてやろう」という気力は、今のところはないね。今はキリがついてホッとしていて、そのまま引きずっている感じ。もうやらなくてもいい、煩わしい荷物を持って新幹線に乗って移動しなくてもいいっていう、解放された気持ちの方が強いなあ。


MEGA-G:スッキリした、と。キャリアを重ねた選手、例えば今なら武藤さんはマスターズなんかをやっています。いつかそこに天龍さんが参加するなんてことは?


天龍:全然思わない!(キッパリ)。シューズ探して、トランクス出して、そういうのが面倒くせえな(笑)


MEGA-G:押し入れにしまってたのに、と(笑)。ちなみに今、リングコスチュームはどこにあるのでしょうか?


紋奈さん:ウチにひとまとめにしてありますよ。だから「やれ」って言われたら……(笑)


天龍:でも俺のところには置いてないってのがポイントなんだ。あくまで彼女のところにある。


紋奈さん:トロフィーなんかも全部、私の家にあるんです。すぐ「上に置いとけ」「誰かにやっちゃえ」とか言うんですよ!


MEGA-G:目に付くところに置いておきたくないんですね。やはり家にプロレスは持ち込みたくないのでしょうか?


天龍:現役の時は24時間、天龍源一郎だったんです。女房は俺の現役時代を通して、常に「天龍源一郎が一番居心地が良い場所」を与えてくれていたんですよね。でも彼女が病気をやった時に「ストレスから来てる」って言われたんですよ。その時に「俺がプレッシャーを与えてたのかな」って思ったんです。だから辞めたからには、そういうものを全て取っ払っちゃおう、と。今や家では単なるおっさんですよ(笑)


MEGA-G:天龍さんの引退のニュースを初めて知った時に、原因が奥さんだと知って「仕方がないんだな」と納得しました。


紋奈さん:でも家族の中では違ったんですよ。


天龍:たまたま記者の人に「奥さんの病気が原因ですか?」と聞かれた時のコメントが大々的に載っかってしまって。うちの女房もすごく嫌がったんです。


紋奈さん:それを言い訳にして辞めるのは天龍としてもカッコ悪いし、家族としても「引退させた」みたいに見られたくなかったんです。嘘でもないんですけどね。結局は「まあ明らかになっちゃったんだから、これで良いじゃないか」という風になりました。「晒け出していきましょう」というところですね。


MEGA-G:他に引退の理由があるとすれば、どの辺りなんでしょうか?


天龍:やるだけやったんで、やっぱり気力ですね。体力の方はまだやって行けるというのはあった。それとプロレス界が変わり始めていることもあった。「転換期に入っているし、もう良いかな」という気持ちが芽生えた。

今日(こんにち)のプロレスを見ていて「俺が俺が」っていう気持ちが無くなったかな。まあ、時代の転換を感じた。だったら時代が動いているときに自分の方から引いた方がいいのかなって。人から「もう引き際だろ」って言われるより、自分から言いたいっていう気持ちが芽生えたんだと思います。


MEGA-G:自分で進退を決める、と。


天龍:そうです。家族は「天龍はずっとやるんだろう」と思ってたらしいんだけど、「辞めるなら自分の口から言って欲しかった」とも思ってたらしいんです。そうしたら俺が「辞める」と言ったので家族は安心した、と。まあ安堵感と喪失感が交錯したみたいですね。俺がカムバックした時も、ずっと現役を続けると思っていましたからね。


紋奈さん:そのために手術したしね。もしかすると手術して、2~3年やっていたからこそ、踏ん切りがついたのかもしれないですね。


天龍:うん、本当にプロレスラーは腹一杯やらせてもらった。プロレスをやっていたからこそ、こうやってテレビ等でも面白がってもらえるし、重宝がってもらえている。


MEGA-G:プロレスがあったからこそですよね。先ほど「プロレスが転換期に入っている」とおっしゃっていましたが、それはどう言った面でしょうか?技術的なところとか?


天龍:全てにおいてだね。レスラーがプロレスファンに媚びるスタイルとか、その辺を見ていると「俺たちの世代の考えは古いのかな」と思うようになった。そこで引き際を感じましたね。


MEGA-G:それを一番感じさせられた、団体だったり選手はいるんでしょうか?


紋奈さん:それは天龍プロジェクトでしょうね。天龍プロジェクトという団体があることだと思います。


天龍:自分で団体をやってて「ファンの求めることに果たして答えられているんだろうか」と自問自答して、その顛末が「もう引き際だな」という結論だったんだと思います。多分どこかに出て行ってやっていたら「今日は分かってねえ客ばっかだな! クソくらえだ!」って言って、生きながらえようとしてたかもしれない。でも自分の団体に汚いクソを垂れるわけには行かないから、綺麗に引こうと思ったのかもしれないですね。


MEGA-G:色んなインディーズ団体を渡り歩き、多くの選手と触れ合った天龍選手ですが、ご自分を映画『レスラー』でミッキー・ロークが演じた主人公に例えられていました。あの作品でミッキー・ロークは怪我を負いながら現役を続けるレスラーを演じていました。


天龍:俺もボロボロになりながらもプロレスを続けてきました。プロレスしか生活の糧がないような感じで、プロレスで命を繋げてきたようなもんだから。その一方で「プロレスを断ち切れないのか」っていう葛藤があったのも確かです。でも「プロレスという道を断ち切った時に、どうやってメシ食ってくんだよ」とも思っていた。その時は、他に何も命の綱がないような状況でしたからね。常に「家族をどうやってちゃんと食わしていくか」というのがあって迷っていたのも確かです。

そんな時に、何年か前に観た『レスラー』を思い出した。あの映画でミッキー・ロークは稼ぐためにサイン会に出たりとか、何がしかの日銭を稼いで、1日1日を生き延びていくんだけど、最初に観た時は「こんな風にはなりたくねえなあ」って。「(そんなことをしてまで現役生活を続けていく)覚悟が俺にはあるのかな」とも思った。多分、小さな団体のリングに上がって、何がしかのお金をもらって、それを家庭に入れていけば、また1日嶋田家が生き延びていけるのかなって。

自分の状況とイメージがかぶさった俺がいて「すごく嫌だな」って思ったんです。それでミッキー・ロークの名前が出たのかもしれない。あの映画でミッキー・ロークは「やっちゃいけない」と止められているのにダイビングエルボー(劇中での呼称は必殺技「ラム・ジャム」)をやってしまう。「こんな風にはなりたくない」とも思ったけど、「やっちゃいけない」と言われることを命を賭けてやってしまうプロレスラー、っていうテーマはカッコよかったよね。でも俺には人生があるから。


「名前が売れるんだったら」というので、まあ滑舌が悪いのをイジられて。そういう新しい道を見つけてくれたことには本当に感謝してるんだけど、昔からのファンは「よく我慢してるな」という感じみたいですね(笑)。俺に言わせると「そういうやり方もあるんだなあ」っていうので楽しんでいる。人の見方はそれぞれあるよなって思いますね。

『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』11/15発売

発売・販売元:キングレコード

《特別版》Blu-ray&DVD:各¥5,800+税

《通常版》DVD:¥3,800+税

(C)2016 天龍プロジェクト

続きを見る