天龍源一郎が「こいつとは対戦しておきたかった」と語ったレスラーは? DVD&ブルーレイ『LIVE FOR TODAY−天龍源一郎−』発売記念!天龍源一郎×MEGA-G対談【後編】

10月の某日、この日は季節外れの夏日で、私は必要以上に汗をかきながら赤坂駅に降り立った。しかし、この汗は暑さのせいだけでは無い。数週間前にインタビュアーのオファーを受けてからというもの、RAPも手に付かず毎日ソワソワして質問を熟考する日々が続き、頂いたドキュメントフィルムを何度も見直した。そんな大物を相手にする緊張から流れ落ちる汗でもあった。


Abema格闘TIMESの連載を始めてから数ヶ月、最近はもっぱらK-1やUFCなどを中心に観戦やレビューの執筆が続いていたが、自分の一番好きな格闘技はプロレスだ。そんな少年時代から見続けていた昭和プロレスの生き字引である伝説のレスラー・天龍源一郎と対面してインタビューをする……。正直言って全く現実味がなかったのだが、ドアの向こうのオフィスから聞こえる声を聞いた時に、一気にリアルのスイッチが入ったのを覚えている。


果たして声はしっかり聞き取れるだろうか? 失礼な質問で気を悪くすることはないだろうか? 不安は尽きない……が、緊張しているのが伝わってしまったのか、天龍さん自ら握手をしていただき緊張をほぐして頂いた……ここから始まる60分1本勝負。これは今を生きる漢の物語『LIVE FOR TODAY』を、より一層楽しむ為のインタビューである。

■戦っておきたかったのは前田日明。その後悔もあって最後の相手にオカダを選んだ


MEGA-G:引退ロードの中で「こいつとは対戦しておきたかったな」という選手はいますか?


天龍:前田日明です(食い気味に即答)


MEGA-G:(感心した様子で)そうですか〜。


天龍:やっぱり凄いと言われたレスラーの中で、唯一やっていなかったのが前田日明だからな。これはもう蹴飛ばして欲しかった。


MEGA-G:ちなみにやったらどちらが勝つと思いますか


天龍:まあ、お互い蹴飛ばしあって……どうでしょうねえ。ここは「天龍源一郎が勝つ」と言わなきゃしょうがないでしょう!


MEGA-G:そう言って欲しかったです! 僕も天龍さんに勝ってほしいです!


嶋田紋奈代表(以下、紋奈さん):そういう後悔があるから、最後にオカダカズチカ選手と戦ったんです。


MEGA-G:その話は聞きたかったです。最後になぜオカダ選手を選んだのでしょうか。オカダ選手を選んだ天龍さんが「昭和のプロレスを味わう最後のチャンスだ」と言ってましたが、現役最高峰の選手を倒すというイメージはありましたか?


天龍:いやあ、ありましたよ。


MEGA-G:やっぱりそうですよね!


天龍:会場に行く車の中でも「勝ったらどうしよう。引退試合で勝ったらマズいよなあ」って思ってました。


MEGA-G:僕も正直勝って欲しかったです。なんだったら(IWGPの)ベルトも奪って欲しかったです。


天龍:負けない気でいたけど、リングに上がったら7〜8分過ぎたあたりからガーッと息が上がって。「ああ、これは……」と思ったのを覚えてますよ。思うにまかせられない自分がいたっていうのかな。その辺り、5〜6分過ぎた辺りから、オカダも「恐るるに足らず」と思ってガンガン攻めてきたってのが正直なところだと思うよ。

レスラーって組み合って、ちょっと2〜3回動いたら「衰えてるな」とか「凄いな」とかすぐに分かっちゃうからね。その時にあいつは勘付いちゃったと思う。後で試合を見ると、俺がリング下、客席の方に降りた時、余裕かましてるもんねえ。「この野郎〜」って思ったよ(笑)


紋奈さん:でもオカダ選手が下に降りた時は、(天龍選手も)レインメーカーポーズやって余裕コイてましたよ(笑)


MEGA-G:DVDでは試合に解説が入っていないので、生々しい音が収録されていました。


紋奈さん:監督は「セコンドについている感覚で」と言ってました。あれって入場から、ずっと撮りっぱなしなんです。


MEGA-G:めちゃめちゃ臨場感がありました。


天龍:「バチッ!バチッ!」って音が入ってたね。


MEGA-G:プロレスのすごく激しい部分が映せているんじゃないかなあと思いました。


紋奈さん:やってることはシンプルなんですけどね。


MEGA-G:シンプル・イズ・ベストですよね。単純なことが実は一番難しくてカッコいい。天龍さんのプロレスも、シンプルであり、ベストでもあると思うんです。そのことが最後の引退試合で垣間見えた気がします。


天龍:何と言ってもベストバウトを獲ったからね!


紋奈さん:自分で言っちゃったよ(笑)


MEGA-G:しかも年間ベストバウトですからね。引退試合としては異例中の異例ですよ。やはりご自分の中でも手応えはあったんでしょうか?


天龍:負けはしましたが、舞台の設定はできたし、やれるだけのことはやった。でもベストバウトとまでは思っていなかったですね。そこまで厚かましくないって(笑)


MEGA-G:現役最高峰の選手と戦いました。


天龍:チョイスは間違ってなかったと思うね。あとは周りも含めて観てくれるお客さんがどう評価してくれるかだけでした。「獲れたら儲けもんだね」くらいは話してました。でも彼女(※紋奈さん)に「獲れちゃったよ」って言われた時、最初に言ったのは「マジ!?」でした。そのあと「すごいねえ。引退試合でベストバウトなんて!」と。自分で自分のことを(笑)。引退にデコレーション付けちゃったわけですからね。


紋奈さん:まあ引退試合だからと言うよりは、天龍源一郎というプロレスラーのプロレスセンスであったり、プロレスへの愛情に与えられたのが、この賞だと思っています。


MEGA-G:間違いない!


紋奈さん:本人が唯一望んだことは、会場でも時期でもなくて対戦相手。「こいつが良い」と。


天龍:俺がオカダカズチカと戦うって言った時に、「なんでだよ?」っていう人も多かった。「隣に懐かしい人を並べてタッグマッチにするという選択肢もあるじゃないか」「なんで40も年下のオカダとやらなきゃいけないんだよ」って。そういう意見がほとんどだったでしょ?

でも俺はね「そこを避けて通ったら天龍源一郎じゃない」って思っちゃったんだよね。なんだかすごくテンパっちゃってる俺がいて、辞めていくのにテンパってる不思議な状況でしたね。


紋奈さん:「シングルマッチでオカダカズチカ」それだけしか言わなかった。


MEGA-G:それは当初から?


紋奈さん:ええ、一番最初から。


天龍:「俺はオカダとやる」って言ってた。


MEGA-G:それはオカダ選手がチャンピオンじゃなかったとしても?


紋奈さん:一緒ですよね、きっと。


天龍:あいつが一番最初に東京スポーツのMVPを獲ったときに、過去の受賞選手たちの名前を挙げて「(その時代に)俺がいたらこんな連中」みたいなことを言ってた。


MEGA-G:言ってましたねえ。


天龍:「電話しろ、この野郎!」って怒鳴ったのを覚えてるんです。最後までその延長線上ですよ。あの時は本当に腹が立って「この野郎! ブチ喰らわしてやる!」と。


紋奈さん:ストリートファイトの方でね(ニッコリ)。

■自分に言い聞かせるように「負けた!」って言ったんだ。でも「もうやらなくてもいいんだ」って気持ちも強かった


MEGA-G:そして新日本のリングに。外道選手のマイクを制した場面は爽快でしたね。外道選手が天龍さんに対してビシッと決めるところを。


天龍:最後にバッと受け身を取ってね。あの前に全日本プロレスの道場に行って、まあ脊柱管狭窄症の手術をした後だったんですが、怖くて一回も後ろ受け身が取れなかったんです。でもあの日、外道に「コラッ」と喋って、オカダと話した後に、バーンと受け身を取ったでしょう? 実は自分でも「取れたじゃないか」という感じだった。あれで吹っ切れたんです。何度も何度も道場に行って、それでも怖くてできなかった。こう「ゴロン」とやるやつしかできなかった。でもあのリングで「スパーン!」と受け身を取って。自信になりましたね。


紋奈さん:スーツで受け身、カッコ良かったっすね(しみじみ)


MEGA-G:最高なエピソードですよね。


天龍:ブレーンバスターの練習とかボディスラムの練習では、受け身を後ろ向きに取るんですが、俺がデビューしたばっかりのアンちゃんだった時は全然取れなかった。でも、ああいう若手とパワーボムやったり、やられたり。俺は満足でしたね。


MEGA-G:最後の試合では、自分の持っている技を出し切りましたか?


天龍:DVDを見てもらったら分かるだろうけど、最後にバーン!とパワーボムに行った時に、上がりが悪くて。そしたら「もういっちょ!」って声がするんだ。誰が言ってるんだろうと思って。「味方してくれてるんだなあ」と嬉しかったですね。


MEGA-G:あそこでパワーボムが出たのは本当に嬉しかったです。


天龍:角度も鋭角で。


紋奈さん:結果的にね?


MEGA-G:結果的にエグい、高角度のパワーボムになっていました。オカダ選手と最後に対戦した時、レフェリーをレッドシューズ海野さんが務めていました。DVDを見るまでWARからのレフェリーだとは知らなかったです。


天龍:全日本から一緒にSWSに行って。それからずっと一緒だったんだよ。


MEGA-G:やはり引退試合も海野さんでなければ駄目だ、と。


天龍:そうですねえ(感慨深そうに)


紋奈さん:大将が一番最初に「オカダ選手が良い」と言った時点で、私は「他の誰でもなく海野さんだな」と思っていました。


天龍:これに関しちゃ、俺よりも彼女とか女房の方がこだわってたかもしれないね。


MEGA-G:海野レフェリーがリングに上がったのは本当に良かったです。


紋奈さん:終わった後も天を仰いで、ね。


MEGA-G:(前のめりで)そうなんですよ! 3カウント取った後に。


天龍:最後、泣いてたねえ。


MEGA-G:あそこは正直、泣きました。海野さんと同じ気持ちになっちゃって。


天龍:天を仰ぐ、かあ。本当はオカダの(レインメーカー)ポーズだったりして(笑)


MEGA-G:(爆笑)それはないっす! でも、天龍さんの最後の「負けた!」という一言に、この日の試合が真剣勝負だったことが集約されてて。衝撃を受けました。


天龍:自分を納得させようと思ったんだよね。


紋奈さん:試合が終わっていることにも気付いていなかった。


MEGA-G:3カウントが入った時に、一気に胸に迫るものが。なんだか寂しくなってしまって。海野さんは天を仰いでるし、オカダ選手は「やった!」みたいな顔をしてて。あの時、天龍さんはどんな風に感じていたんでしょうか?


天龍:今、娘が言ったように、よく分からなかったんだよね。ドクターが来て「大丈夫ですか?」って言われて。「何が大丈夫だよ!?」って言って。そしてら皆んながワーッと湧いていて。「ああ負けたんだな」って思った。それで、自分に言い聞かせるように「負けた!」って言ったんだ。

でも実際問題、息も上がってるし体もキツい。「もうやらなくてもいいんだ」って気持ちも強かったですね。そのあとに引退会見があるんですけど、あっちこっち歩きまわらされて「(体がキツいのに)まだやらせんのかよ!」って(笑)


紋奈さん:全スタッフにキレてましたね(笑)。最後に花束渡して、インタビューがあって。


天龍:最後にビール飲みながらインタビューを受けたんだけど、そこでビールが回って、ようやく落ち着いたというのが正直なところですよ。


紋奈さん:試合が終わっちゃって寂しいところに、アサヒスーパードライが並んでいて、それを飲んでいる姿を見て「辞めていく顛末って、そんなに悪いもんでもないんだな」って思っていただけたんじゃないかなと思うんです。


MEGA-G:はい。晴れ晴れとした感じでした。天龍さんもすごくスッキリとした感じで。最後になりますが、天龍プロジェクトの今後の展望をお聞かせ願えますでしょうか?


天龍:展望は彼女から(笑)


紋奈さん:私ですか?(笑)


MEGA-G:新人レスラーの育成などは?


天龍:それはないね。


MEGA-G:もっと違った方向から天龍さんをアピールしていくということでしょうか?


紋奈さん:人を育てたりするのは向いてない。


天龍:これは前にも話したことだけど、まずは窓口があるんだったら、つまり理解してくれる人たちがいるならば、そういう場所に行って、こういうよもやま話、つまり俺たちにしか語れないことを話せたら良いかなって思ってます。それで聞いてくれた人を勇気づけられたり「よし! 明日から頑張るそ!」と思ってくれるんなら、そういう場所には行きたい気持ちはありますね。


MEGA-G:このDVDを見た人は、きっと勇気づけられると思います。


天龍:そうなってくれると嬉しいね!

『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』11/15発売

発売・販売元:キングレコード

《特別版》Blu-ray&DVD:各¥5,800+税

《通常版》DVD:¥3,800+税

(C)2016 天龍プロジェクト

続きを見る