イッテンヨンの前哨戦にも注目 新日本プロレス「ワールドタッグリーグ」開幕!

11月18日の新日本プロレス・後楽園ホール大会から、恒例の「WORLD TAG LEAGUE 2017」が開催される(最終戦は12月11日の福岡大会)。

リーグ戦に参加するのは16チーム。天山広吉&小島聡の「テンコジ」、永田裕志&中西学といったベテランに鈴木軍の鈴木みのる&飯塚高史、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンからはSANADA&EVILと個性派、実力派タッグが続々と登場。ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.は現IWGPヘビー級タッグ王者だ。


また、このリーグ戦はフレッシュなチームも多数。真壁刀義は、このシリーズから復帰するヘナーレとタッグを結成することに。本間朋晃とのタッグで2連覇を達成している真壁だが、本間が欠場中の今年はヘナーレとタッグ。これはヘナーレの希望を受けてのものだが、ヘナーレの長期欠場のきっかけとなった負傷をしたのが真壁の20周年興行。そのため真壁も気にかけていたという。


ニュージーランド出身で、新日本所属のヤングライオンであるヘナーレ。欠場によって出遅れた分を、真壁がバックアップしようという男気タッグとも言えるだろう。


このリーグ戦、すでに1.4東京ドーム大会のマッチメイクが決定している選手はエントリーしないことになったが、そのことでドームに向けた前哨戦が加熱することにもなりそうだ。


11.18後楽園では、リーグ戦でジュース・ロビンソン&サミ・キャラハンvsSANADA&EVIL、後藤洋央紀&YOSHI-HASHIvs鈴木みのる&飯塚高史がマッチメイク。またヘナーレは復帰戦で真壁刀義、棚橋弘至とトリオを結成する。オカダ・カズチカ&ウィル・オスプレイ&外道vs内藤哲也&BUSHI&高橋ヒロムの6人タッグは、1.4ドームのIWGPヘビー級選手権、IWGPジュニアヘビー級選手権のW前哨戦だ。内藤はタッグリーグに参戦する気満々だったものの“肩透かし”状態となっただけに、その行動も気になるところ。


もちろん、タッグリーグでの闘いも1.4ドームのマッチメイクに影響を与えることになるはず。タイトル戦線からベテランの闘い、外国勢、ヤングライオンの再起と、新日本の分厚い選手層が感じられるシリーズになりそうだ。


(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.

続きを見る