“筋肉アイドル”才木玲佳、避けて通れない試練 最強チャレンジャーを迎えて大勝負

11月23日の東京女子プロレス・新宿FACE大会で、“筋肉アイドル”才木玲佳が保持するTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座への挑戦者決定戦が行なわれる。

1.4後楽園で防衛戦を行なう才木。


対戦するのは山下実優と優宇。山下は空手、優宇は柔道をベースとする団体屈指の実力派で、山下が初代王者、優宇が第2代王者である。


つまり才木はどちらが勝っても元王者からの挑戦を受けることになる。現チャンピオンとしては、避けて通れない試練と言えるだろう。「(挑戦者は)どっちになっても楽しみ」と才木。それだけ今の自分の力量に自信があるということか。


才木と山下はタッグチーム「マッスルストライカーズ」を組むパートナーであり、才木が東京女子プロレスに初参戦してきた時から「お互い蹴りが得意なので」と意識し合ってきた。また才木と優宇は過去に1勝1敗。才木は王座初挑戦で敗れているが、今年夏のトーナメントでは優宇に勝つことで勢いをつけ優勝、そしてタイトル奪取に結びつけている。


歴代王者との防衛戦というだけでなく、山下とはタッグパートナー対決、優宇とは決着戦という意味でも、才木にとって重要な試合になることは間違いない。


そして山下と優宇にもストーリーがある。初代王者として防衛を重ね、無敵状態に近かった山下からベルトを奪ったのが、デビューから1年経っていない新人時代の(しかし無敗の)優宇だったのだ。だから山下は、優宇戦に臨む心境を「意地の一言」というのだろう。夏には“女子プロレス界の横綱”里村明衣子とのシングルマッチも経験し、成長しているからこそ結果がほしい。

才木に挑戦の名乗りをあげた山下(右)と優宇。


一方の優宇は、坂崎ユカに敗れてベルトを手放したが「敗者の気持ちを知ることができて強くなれた」とも。現在は24時間365日、いつでも王座移動が可能なアイアンマンヘビーメタル級王座を持っており、山下戦もこのままいけばタイトルマッチとなる。もし負ければ「(ベルトと挑戦権)2つを失うことになってしまう」という危機感もパワーに変えたいところ。


何より、王座戦の舞台となるのは「イッテンヨン」こと1月4日の後楽園ホール大会だ。優宇は昨年の1.4後楽園でデビューし、今年はタイトル防衛。「イッテンヨン」で選手としての大事なポイントを迎えてきた。3回目はもちろん、タイトル奪取の記念日にするつもりだ。


才木にしてみれば、山下戦であれ優宇戦であれ、団体最大の大舞台で最強のチャレンジャーを迎えての大勝負となる。それぞれの思いが絡み合ったドラマは、どんな結末を迎えるのだろうか。


文・橋本宗洋

(C)DDTプロレスリング

続きを見る