赤井沙希、キスを拒否して散る!レスラー全員死亡? DDT後楽園ホール大会で異常事態発生

路上プロレスをはじめ特異な形式の試合も名物であるDDT、その後楽園ホール大会(11月23日)で、商品のアピールを目的とした「インフォマーシャルマッチ」が行なわれた。


今回はアニメ『王様ゲーム The Animation』を紹介するための試合で、男色ディーノ、平田一喜、渡瀬瑞基、吉田考志、島谷常寛、そして赤井沙希が登場。この6人が同時に闘い、通常のプロレスルールに加えてアニメ同様、王様からのミッションがクリアできないと失格となる。

「投げ技を決めろ」「平田にビンタ」といったミッションが出される中、中盤に出たのは「キスをしろ」というもの。ディーノは楽勝でクリアしたものの、赤井は最後まで拒否してしまい島谷とともに失格。場内暗転の後、両者は血を吐いて死亡(?)。結局、最後は「ケツ出すな」のミッションを実行できなかったディーノが失格となり、平田が勝者に。歓喜の平田はゲストとして来場していたアニメ出演の声優陣と勝利のダンスへ。しかし場内スクリーンには「踊るな」のミッションが出されており、平田も死亡(?)。リング上のレスラーが全員死亡(?)という異常事態となったが、なんとなく慣れているDDTファンは「あぁ」と受け入れて終了。なお、赤井は試合後、生中継のゲスト解説を担当した。

この11.23後楽園大会では、10人タッグ選手権も実施。王者組のLiLiCo軍(LiLiCo、大石真翔、スーパー・ササダンゴ・マシン、大家健、石井慧介)に野郎Z軍(越中詩郎、高木三四郎、大鷲透、入江茂弘、アントーニオ本多)が挑戦した。


試合は越中のヒップアタックを警戒するササダンゴが、試合前のパワポプレゼンでケツバットによるケツ破壊を狙うと宣言し、試合は「絶対に笑ってはいけない10人タッグ選手権」に。


いざ試合となると「レフェリーがマッスル坂井」「負傷した高木の治療に現れた医師がウルトラマン・ロビン」など矢継ぎ早のネタに選手たちが笑ってしまい、ケツバットが炸裂。さらにケツバットを浴びせるブラックアーミーの中に大谷晋二郎が混ざっているというサプライズも。

捧腹絶倒、阿鼻叫喚の中、ついに越中もアントンことアントーニオ本多の定番「ごんぎつね」からの下ネタで笑ってしまい、ケツバットの餌食に。しかし鍛え上げた越中のケツには通用せず、ヒップアタックが乱打されていく。それでも最後はダイビングヒップアタックが誤爆、そこから大家がアントンに炎のスピアー。LiLiCoが抑え込んで3カウントが入り、王者組の防衛に。10人もの選手が入り乱れ、しかもチャンピオンチームが曲者だらけというこの王座も、これからDDT名物になっていきそうだ。


(C)DDTプロレスリング

続きを見る