沙希様、アナウンサーレスラー・滝川あずさにお注射&気絶させ誘拐

このところ東京女子プロレスのリングでシングル路線で闘ってきた沙希様が急展開を迎えることになった。

(沙希様とユキオ・サンローラン医師は気絶した滝川を抱えてインタビューに答えた)


“事件”が起きたのは11月23日の新宿FACE大会。沙希様は自分が仕組んだ「団体一弱くてしょうもない選手」を決める闘いに勝利した滝川あずさと対戦した。アナウンサー志望で女子プロレスラーになったという謎の経歴を持つ滝川は、キャリア2年でやっと初勝利をあげたばかり。そんな滝川を「再教育」するのが沙希様の狙いだ。


Xファクター、トラースキック、エルボーなど滝川の粘りもあったが沙希様は二段式の顔面蹴りを決めてフォール勝ち。試合後、沙希様は滝川がアナウンサーを目指していることや婚勝軍として結婚とプロレスの両立を狙ってきたことに対して「みっともない男漁り」「身分不相応な夢を追いかけたり」とバッサリ。「私のもとでゼロから磨いてあげてもよろしくってよ」と救いの手を差し伸べる。


これを滝川が「人をバカにするよりも夢を追いかけるほうが美しいんです!」と拒否したため、沙希様率いるNEO美威獅鬼軍の闇医者ユキオ・サンローラン(坂口征夫とは別人)が謎の注射で滝川を眠らせ、連れ去ってしまう。


沙希様曰く「あのじゃじゃ馬、私のもとで立派なレディにして差し上げるわ」。過去には清水愛やKANNAといった選手たちを美威獅鬼軍に加入させたカリスマ性の持ち主である沙希様。滝川は現在、沙希様の邸宅にある地下室に幽閉されているようで、今後の展開がかなり気がかりだ。

(アイドル活動も展開中の伊藤(右)と瑞希の伊藤リスペクト軍団は入場時にダンスを披露、試合でも勝利を収めた)


この11.23新宿大会では他にも様々な動きがあり、伊藤麻希が“イッテンヨン”後楽園ホール大会で男色ディーノと対戦することが決定。またヒザのケガで長期欠場していたハイパーミサヲが復帰を果たしている。伊藤はかねがね、ディーノを心の師匠だと発言してきたが、対戦決定には「あいつ(ディーノ)が女を愛することに目覚めてしまうかも。(自分が)そういう目で見られてしまうんじゃないか」とアサッテの方向から自信のコメント。

(一方的に思いを寄せる辰巳リカに敗れたものの、ハイパミことハイパーミサヲもケガから復帰)


現時点で1月4日の後楽園ホール大会では才木玲佳vs山下実優のシングル王座戦、坂崎ユカ&中島翔子vs瑞希&X(伊藤をリスペクトする選手)、伊藤真希vs男色ディーノが決定。旗揚げ以来3度目の“イッテンヨン”は、これまで以上に豪華で異色なマッチメイクで勝負することになりそうだ。


(C)DDTプロレスリング

続きを見る