危険すぎる元地下アイドル、女子プロレスラーに応募 「未成年飲酒写真が出回る」「彼氏との動画流出」

22日「DDTの木曜The NIGHT」(AbemaTV)が放送された。男色ディーノ、スーパー・ササダンゴ・マシンらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


「勝ち抜き女子プロレスラーオーディション」は、次世代を担う“アイドル女子プロレスラー”を発掘することが目的のコーナー。しかし、2回放送後も応募数がゼロだったため、プロインタビュアー・吉田豪がアンバサダーとして登場し、地下アイドルに向けて「こっちの方がチャンスは確実にあります」と呼びかけるなどテコ入れを図っていた。


今回はその甲斐あってか、記念すべき1人目・難波小百合さんからの応募があり、さっそく電話による面接が行われた。まずは「プロフィール写真が加工し過ぎではないか?」と疑うディーノの追及に、難波は「2017年もっとも盛れたやつを送りました!」と臆面もなくコメントし、いきなりディーノを面喰わせる。


「導かれてなんとなく」というフワっとしたきっかけで同企画に応募したという難波は「殴られるのはあまり好きではない」という理由からリングアナを志望していることをぶっちゃけ、スタジオは騒然。しかし難波が元地下アイドルだということが分かると、一転して出演者たちも興味津々の様子。


グループは解散したと語る難波は、その理由について「メンバーが1人ずつ炎上して辞めていきました」と告白。さらに「未成年飲酒の写真が出回りましたね」「彼氏とのにゃんにゃん動画が流出して9時間後に解雇」など、生々しい暴露トークを展開。番組のコメント欄にも解散したグループ名を予想するコメントが並ぶなど、かなりの盛り上がりを見せた。


難波のキャラの強さにディーノは「向いてるとしか言いようがない」と高評価を与え、さっそく同番組への出演を打診。難波も快諾し、次回放送に生出演することが決定した。なお、新年第1回の放送は1月11日を予定している。


思わぬ人材の発掘に、ディーノは「なんか生み出せた気がする」と満足気で「(吉田)豪ちゃんのあの言葉が効いたんでしょうね」と、パンチのある呼びかけをしてくれた吉田に感謝した。ササダンゴも、仲間を踏み台にした難波のトークに「最低ですよ」とツッコミつつも、「そういうところがレスラー向きかもしれないね」と評していた。

続きを見る