朝青龍、「相撲は人生最後」完全引退へ 相撲界へメッセージも

12月31日(日)20時より、「朝青龍を押し出したら1000万円」(AbemaTV)の生放送がスタートした。格闘家のボブ・サップ、柔道家の泉浩、元大関・琴光喜といったVIPチャレンジャーと、スーパー・ササダンゴ・マシンら5人の一般チャレンジャーの計8人と朝青龍が「張り手なし」「立ち合い時の変化なし」「カチアゲなし」の特別ルールで相撲対決。挑戦者は勝利すれば1000万円が獲得できる。

破竹の7連勝を果たした朝青龍の最後の相手は元大関・琴光喜。これまでの挑戦者とは本気度が違い、現役時代を彷彿とさせる鋭い眼光で、元大関との一戦に挑んだ。白熱の勝負を制したのは朝青龍。8戦全勝で終えた。

勝負後のインタビューで朝青龍は「いい相撲、いい思い出になりました」、琴光喜は「気持ち良く引退できました」と語り、表情は2人とも晴れやかだった。

さらに昨今の相撲界についてコメントを求められると、朝青龍は「みんなファンがいますんで、とにかく相撲の発展につながるような動きをして欲しい」、琴光喜は「いい相撲を取ってもらいたいと思います」と、願いを込めてコメントした。

今回を“最後の土俵”と宣言して挑んだ朝青龍は、完全勝利という結果で見事有終の美を飾った。

続きを見る