地獄のスパルタ練習!武尊・卜部兄弟陣営、山本KID陣営を攻略する“2つの作戦”

格闘リアリティ番組「格闘代理戦争」(AbemaTV)、1月8日(月)新宿FACEで1回戦が開催される。このトーナメントの優勝者はK-1グループとのプロ契約と300万円のアマチュア大会としては破格の賞金を手にすることができる。


武尊推薦の中嶋志津麻は、山本KID徳郁推薦のスソンと対戦することになった。


中嶋志津麻は、K-1アマチュアトーナメントで、武尊がそのアグレシブなファイトスタイルなどに惚れ込んだ現役高校生、K-1アマチュアのファイター。試合を前に武尊が所属するK-1ジムクレスト相模大野で対策を兼ねたトレーニングを開始した。


武尊の海外武者修行の時期と重なったこともあり特別コーチを務めたのは、卜部功也と卜部弘嵩の兄弟。ともにK-1王者経験者というトップファイターの指導のもと、プロ選手と混じり実戦的な5ラウンドのマススパーリングという実戦に近い練習方法となった。


しかもスパーリング相手は佐々木大蔵、東本央貴、佐々木大蔵、卜部功也とラウンド毎にKrush、K-1のトップ選手が入れ替わり対戦するというメニュー。当然ながらアマチュアのホープとはいえ、ラウンドを重ね体力が落ちてきたところで卜部功也とのスパーは防戦一方となり卜部のハイキックに4Rでダウン。


中嶋は予定の5R持たず悔しがるが、卜部弘嵩は「最後まで持たないと駄目」厳しいゲキが飛ぶが、ある程度K-1アマチュアとしてルールに精通している中嶋のスキルの高さを理解した上でのハードモードといえる。


中嶋のクレスト陣営は対戦相手のスソンについてこう分析する。卜部弘嵩は「K-1ファイターに比べてテコンドーの選手はちょっと内に足が入って構える。インに入ると軌道は早くなるが、ローキックの対処が足でさばくか足を上げる位しかできてないので、ローキックは当てるのがポイント。バックステップで逃げられる前に2歩詰めよりローキックで攻撃する。ああいう蹴りの選手は足を潰してしまえば終わりなので、なるべく早い段階で足を取りに行く。できたら1R」。さらに、「相手のスソンも蹴りが上手い、中嶋くんも負けないくらいウマいので、蹴り対蹴りだと勝負は決まらない。スソンにくらべて中嶋くんの方がパンチは得意だからパンチを上下に混ぜること、そして腹への攻撃。」と2つのスソン対策法を伝授。


その後はテコンドー選手を想定したガチのスパーリングで徹底的に試合勘をつける。スパーリングを見る限りでは中嶋の体力の落ち込みが目立つが、プロ相手の徹底したスパルタで鍛え上げることで中嶋をしごきあげメンタルから作り上げるのがクレスト流だ。


K-1での実戦経験豊かな武尊・卜部兄弟陣営が送り込む中嶋。武尊が教えた技と卜部兄弟が立てた戦略で優勝候補筆頭の山本KID陣営のスソンに挑む。

続きを見る