山本KID陣営、「動きが見えない」撮影禁止の必殺技 ベールを脱ぐか

格闘リアリティ番組「格闘代理戦争」(AbemaTV)、1月8日(月)新宿FACEで1回戦が開催される。このトーナメントの優勝者はK-1グループとのプロ契約と300万円のアマチュア大会としては破格の賞金を手にすることができる。


山本KID徳郁推薦のスソンは武尊推薦の中嶋志津麻と対戦することになった。


スソンはいち早く推薦選手に選びだされ、KIDのジム「KRAZY BEE」で総合格闘技のトレーニングを続けて来た選手だけに、企画の初期から優勝候補の呼び声も高い。「優勝前提で面白い試合をやって誰よりも目立つ」とアマチュア顔負けのビックマウスも特徴だ。


すでに実戦向きに完成されている部分もあり、KID流の動物の動きを取り入れた、手足や体幹を使った歩行トレーニングは、効率的な動きや可動域を広げる効果を狙うなど独自のもの。KID流の指導法を受けつつ、実戦的なスパーリングでは、ONE FC王者経験もある世界的なファイターの一人、朴光哲を相手にK-1ルールで実戦形式で練習。朴相手でもスソンの蹴りはかなり有効ということを証明つつ、パンチのスキルにも手応えを感じる。


さらに中嶋戦に向けた秘密特訓と称したKID直々の作戦に関しては撮影は完全シャットアウト、陣営の勝利へのこだわりや慎重な一面も垣間見える。だが、その秘密特訓の一部を見た番組ナビゲーター・伊東紗冶子によると「動きが見えなかった」とのこと。


一貫して企業秘密を貫いているスソンの攻撃は1回戦でいよいよベールを脱ぐことになりそうだ。


K-1ルール未経験ながら、格闘家としての完成度と規格外のノウハウを持つKID陣営。ひた隠しにする必殺技はいったい何なのか?アマチュア対決ながら話題性に事欠かない対戦に注目だ。

続きを見る