小川直也と小比類巻貴之、魔裟斗陣営を挑発「頭を使えば楽勝」「ただのブンブン丸」

格闘リアリティ番組「格闘代理戦争」(AbemaTV)、1月8日(月)新宿FACEで1回戦が開催される。このトーナメントの優勝者はK-1グループとのプロ契約と300万円のアマチュア大会としては破格の賞金を手にすることができる。


小川直也が推薦した小倉拓実は、魔裟斗推薦のファイター、松村英明と対戦する。


対戦する小川直也陣営の小倉拓実も、松村戦を前に合宿を開催。柔道出身、打撃未経験と下馬評から不利な小倉だが、小比類巻道場の元K-1ファイター、小比類巻貴之の指導による合宿を敢行。タイヤ叩きや砂浜ダッシュ100本など、重いグローブを考慮した重りをつけての打撃練習などオーソドックスなトレーニングで体を鍛え挙げる。


小比類巻は「頭を使えば楽勝ですね」と松村の特徴を分析。小川も「ハードパンチャーじゃない、ただのブンブン丸」と評価。小比類巻は「1Rで倒すことはできなくてもジリジリ行けば勝てる」と前置きした上で秘策があることをほのめかした。秘策の撮影はNGとなったが、小比類巻と小川という強力なセコンド陣が考えた小倉の秘策に手応えを感じているようだ。ヒントは柔道世代別で優勝経験者の小倉の体幹の強さのようだが、リングの使い方や戦術で勝利を狙う。


緻密かつ高い適正能力を引き出す魔裟斗流の松村と、荒っぽいがレジェンドファイター2人がピンポイントで秘策を授けた小倉。正反対の選手同士の意外性も含めこの対戦には驚きの結果が待ち受けているかもしれない。

続きを見る