新生K-1は武尊だけじゃない!“足立区から世界へ”武居由樹、MVP受賞「もっと上に行きたい」

(ベストバウト受賞の武尊、MVPの武居と魔裟斗、公式サポーターの関根勤、久松郁実)


K-1、Krush、KHAOS、K-1アマチュアの4イベントからなる『K-1ジャパングループ』の年間表彰イベント・K-1 AWARDS 2017が、1月14日に都内ホテルにて開催された。今回が初開催となり、アマチュアやジム、トレーナーが表彰対象となる賞も設けられている。各賞の受賞者は以下の通り。なお、賞の選考はK-1実行委員会によるもの。


〈ベストジム賞 アマチュア部門〉

K-1ジム総本部


〈アマチュア最優秀選手〉

山浦力也


〈ベストジム賞 プロ部門〉

K-1ジム相模大野 KREST


〈ベストトレーナー賞〉

ジャオ・シージエ


〈ベスト・オブ・エンターテイナー賞〉

城戸康裕

※ファンが選ぶ賞


〈新人賞〉

椿原龍矢


〈ベストKO賞〉

瑠輝也


〈技能賞〉

大和哲也


〈敢闘賞〉

平本蓮


〈殊勲賞〉

郷州征宜


〈最高試合賞〉

武尊vsビクトー・サラビア


〈MVP〉

武居由樹


技能賞を受賞したのは、キックボクシングに合気道をミックスさせた独自のスタイルでKOを量産した大和。いわゆる「うまさ」だけでなく「倒す技術」が評価されるのがK-1らしい。


ベストバウトとなった武尊vsサラビアは、武尊がローブローで悶絶しながらも試合を続行、ダメージを引きずりながらKO勝利したインパクト絶大な一戦だ。自分の試合でファンをがっかりさせたくないというプロ意識、「これが殺し合いなら自分の負けだから早く立ち上がりたかった」という勝負根性も印象に残った。


ただ武尊は表彰式で「これを受賞したということはMVPじゃないということ。今年は3階級制覇を果たしてMVPを目指します」と、K-1の顔として悔しさをにじませるコメントも。


そんな武尊以上に活躍を評価された形なのがMVPの武居だ。2017年は5戦5勝4KO。Krush-53kg王者から階級を上げ、K-1のスーパー・バンタム級(55kg)王座決定トーナメントを制した。軽量級ながら倒す闘いが魅力の21歳だ。


「武尊と武居の試合には毎回、感動するし感心してます」と語るのは中継で解説を務める魔裟斗。公式サポーターの関根勤は、ドキュメンタリー番組でも注目された武居について「見てると親戚のおじさんのような気分になる」と感情移入しているようだ。


この受賞について、武居自身は「まさかMVPとは思ってませんでした。武尊さんだろうなって。頭が真っ白になっちゃいましたね」と言う。しかし目覚しい活躍をしたことは間違いなく、武居自身、K-1王者となって以降「チャンピオンとしての試合を見せないといけないですし、練習でも他の選手に負けないようにと思ってます」と自覚を語った。


それでも「もっと上に行きたい」という武居の目標はK-1を背負う存在になること。「今はK-1=武尊選手なので、追いつけるようになりたいですね。K-1=武居? いや、K-1=武尊、武居くらいで(笑)」。


年末年始も「いつも通り練習してました」という武居。このMVP受賞で、注目度とファンからの期待はさらに高まりそうだ。

続きを見る