魔裟斗、勝利を決めた“頭脳采配” 小川直也・小比類巻チームの作戦を攻略

魔裟斗・山本KID・小川直也・武尊、それぞれの推薦選手による「格闘代理戦争」が遂に開戦、第1回戦が行われた。「代理戦争」の名のとおり、アマチュア・ファイターによるトーナメントの側面以上に、経験豊かなレジェンド・ファイターによる技術伝授や戦略面でも注目すべき点が多い試合だった。そこで、セコンドに陣取るレジェンド・ファイターの発言から紐解いてみた。


第1回戦Aブロックは松村英明VS小倉拓実。元キックアマチュア王者の経験者と中高の柔道インター杯優勝者ながらキック未経験者の戦い。


魔裟斗の推薦選手としてノウハウを叩き込まれた松村は、強烈なパンチとパワーが魅力。柔道から打撃などを小川直也に学んだ小倉は、元K-1ファイター・小比類巻貴之がトレーナーとして参加、K-1対策と勝利への秘策を授けた。


試合直前の会見で両選手についてこのように語っていた。「一発当っちゃったら倒れる世界なんで一発当てて行こう」(小川直也)、「パンチ力はミドル級の選手並みの威力を持っている」(魔裟斗)と互いにパンチが勝利の鍵になると予想していた。


1ラウンド開始前「気持ちで行け」と小倉に声をかける小川に対し、「松村、最初来るぞ集中」と魔裟斗は序盤から小倉が積極的に攻撃を仕掛けてくると予想。その予想通り、軽快にステップを踏み小倉の速いパンチが松村の顔面をとらえる場面も。特にボディへの左やストレートなど有効打を放つ。


この場面での小川の指示は「下がるな」。とにかく小倉陣営はラウンドの早い時点で前に出ることに集中。その後も積極的に小倉は前に出続け、左カウンターを見せるなど下馬評を覆す善戦を見せる。しかしラウンド後半になると経験の違いからか、徐々に下がりぎみのガードを縫うように、松村の強烈なパンチを浴びはじめる。「下がるなガード、ガード」という小川のゲキが飛ぶとおり、小倉のガードに対する集中切れが顕著となるラウンド後半だった。


2ラウンドに入る前の魔裟斗の松村へのアドバイスは「次のラウンドは右のローキックを入れてみろ。オーソドックスでいいから右のローを打て。絶対カットできないから。ロー蹴ったらパンチも当たる」。対して小川は「下がるな、下がるんじゃねえぞ」。小比類巻も「休みたい時は下がってOK。でも出れる時は1回出て、もう1回出ろ、それがチャンス」と、前に出ることだけに集中させるメッセージ。「1回出て、もう1回出ろ」とリズムで経験の少ない小倉へ理解させるトレーニングをつんできたことが分かる。


第2ラウンド早々、体を当てるように前に出た小倉にバランスを崩した松村だが、その後は前に出る小倉を冷静に対処。魔裟斗の指示どおり右のローが、前進する小倉の足を止める。数発右のローが入り、そこから松村の的確なパンチが小倉の顔面をとらえラウンド中盤に最初のスタンディングダウン。ダメージのある小倉に対し「パンチで行け」という魔裟斗の指示どおりに、試合再開早々に強烈な右で2度目のダウンを奪い、松村勝利で試合終了。


小川陣営の松村攻略法は、キックルールでの経験差から圧倒的に不利だった小倉は、距離を詰めクリンチ気味の至近距離からのパンチ。特に1ラウンドに関しては、スロースタート気味だった松村を追い込む場面も見られた。


松村に関しては、要所での魔裟斗の的確なアドバイスが効いたように思える。特に序盤の小倉のラッシュを予想。また1ラウンドで数発は顔面をとらえた小倉の左を、右のローでカットさせる形で封じさせるなどK-1での戦い方を熟知した魔裟斗の試合の組み立て方が反映された試合でもあった。


さらに1ラウンド開始時に松村がサウスポー、2ラウンドはオーソドックススタイルと意図的にスイッチを試していた形跡もあった。サウスポースタイルは山本KID推薦選手であるスソンへの対策か。そして、1ラウンド前半の追い込まれたシーンは想定の範囲内だったのでは?


決勝戦の相手となる武尊推薦の中嶋志津麻は、K-1アマチュアとして実績のある選手。K-1での勝利の法則を知る魔裟斗と武尊の代理戦争で、どのような両陣営の戦略が展開されるか注目だ。

続きを見る