"AbemaTV出禁アイドル"が女子レスラーに名乗り DDT高木大社長、「ヤバイ女子プロレス」旗揚げか

19日「DDTの木曜The NIGHT」(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


「勝ち抜き女子プロレスラーオーディション」のコーナーでは次世代を担うアイドル女子プロレスラーを募集しているが、ついに2人目の応募者が電話出演することに。ディーノが呼び掛けると、電話の相手はいきなりハイテンションで「もしもーし?」と酔っぱらっているかのような声で応答。これには高木も「一番アカンのきた」と頭を抱え「切れないの、これ?」とコーナーの強制終了を希望するほど。


実は電話の相手は、以前の放送に出演した吉田豪が現在注目している人物として名前を挙げた、せのしすたあ・まお。彼女は以前「路上プロレス」にも1度挑戦しており「1番自分らしくいれた」と手ごたえを明かす。さらにアイドル活動については「マネージャーも行きづまってんもん、きっと」と切羽詰まった現状をぶっちゃける。


まおは以前、AbemaTVの別番組に出演をしたことがあるが「めっちゃ引かれて怒られた」と“出禁”状態になっていることを告白。しかしディーノがDDTの番組ならば出られるとフォローして出演交渉をすると、まおは次回放送での出演を快諾した。


高木は「来週あいつ来るの?」「全員ヤケドする」と早くも警戒心MAXで「俺、休んでもいいかな」と弱気な発言も。以前の放送で電話出演した1人目の応募者・難波小百合も、解散したアイドルグループのメンバーの炎上ネタを踏み台にして自己アピールをする人物だっただけに、高木は「ヤバイ女子プロレス」通称“ヤバ女”の旗揚げを構想し、「DDTには入れられない」と、早くも対策を立てていた。


続きを見る