堀口恭司、UFCを離れて日本に戻ってきたアツい理由

RIZINのオフィシャルYouTubeチャンネルにて、「RIZIN CONFESSIONS」の配信がスタートした。番組では、2017年12月29日/31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について、選手たちの本音に迫っている。


「格闘技の面白さをみんなに伝えたい」と語る堀口恭司は、UFCを離脱してRIZINに参戦したことについて「最初はやっぱ、みんな反対」「『なんでRIZIN? なんで日本帰ってくるの?』みたいなノリでした」と振り返る。


空手の先生である二瓶弘宇氏からも疑問を呈されたが、堀口は丁寧に説得して納得してもらったという。また「自分の空手の先生が今、ガンで弱ってるんですけど」と師の闘病を明かした堀口は、「ぜんぜん泣かない先生が『俺の誇りだ』って言って泣いたんですよ」と告白する。


この出来事から、堀口は「帰ってきてよかったなって思ってます」と自分の判断が正しかったことを確信しているようだった。そして最後に、「UFCを離れるのを決めたのは、先生のこともあるし、近くで見せたいっていうのもあるし、やっぱり応援団とかにも見せたいっていうのもありましたね」と、二瓶氏や仲間の存在が大きかったことを明かした。

続きを見る