「はっきり言ってレベルが違う」 堀口恭司、マネル・ケイプ戦を振り返る

RIZIN FIGHTING FEDERATIONのオフィシャルYouTubeチャンネルにて、新番組「RIZIN CONFESSIONS」の配信がスタートした。番組では、2017年12月29日/31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について、選手たちの本音に迫っている。


堀口恭司の準決勝の相手は、マネル・ケイプ。試合直前には額をこすりつけて挑発してきたケイプだったが、堀口は「はっきり言ってレベルが違いますよね」と、そもそも自分とは格が違ったと振り返る。


試合は序盤から堀口がケイプに打撃を当て続けていたが、タフなケイプはこれに屈せず3ラウンドまでもつれ込む展開に。すると、立ち技でフィニッシュを決めようと挑んだ堀口にアクシデントが起きる。2人が交錯した瞬間に、ケイプのヘッドバッドが堀口の顔面左側に直撃し、堀口は一瞬崩れるように倒れこんでしまったのだ。すぐに立ち上がった堀口だったが試合は一時中断し、ダメージが抜けきれないまま勝負を続行することに。


最終的には肩固めで勝負を決めた堀口だったが、試合後意識が飛んでいたことを知らされると「あぶねー!」と冷や汗をかいていた。しかし「ドラマ作るなよ、本当にハラハラする」というスタッフの心配をよそに、堀口は「それが主役っすから」と余裕のコメントだった。

続きを見る