石渡伸太郎、堀口恭司と対峙した時に交わした言葉

RIZINのオフィシャルYouTubeチャンネルにて、新番組「RIZIN CONFESSIONS」の配信がスタートした。番組では、2017年12月29日/31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について、選手たちの本音に迫っている。


堀口恭司は、決勝で対戦した石渡伸太郎を「強い選手だな、ハートの強い選手だなと、やっぱり認めている存在ですよね」と手放しで称賛。一方の石渡は「特に日本人のファイターで、大塚(隆史)選手もそうですし、堀口選手も、高い志を持った仲間みたいな気持ちがあるんで」と語り、「試合前は言えないですけどね」とはにかんだ。


石渡について、改めて「人間的にすごい尊敬する部分もある」と評し、同じ時代に闘うファイター同士の絆を見せた堀口。石渡も「『やっと辿り着いた』って感じでした」と決勝戦時の心境を振り返り、堀口と対峙した際に「『来たよ』って言ったんですよ」と言葉を交わしていたことも明かした。

続きを見る