“挑発されても楽しい”若き王者・武居由樹、防衛を誓う 「もう1回MVPを。王者としての試合を見せる」

24日に「K-1 WEDNESDAY CHANNEL」が生放送された。3月21日(水・祝)に開催される、新生K-1史上最大のビッグマッチK'FESTA.1」さいたまスーパーアリーナ大会に参加する選手をゲストに招き、他では聞けない本音トークを展開した。


昨年、最優秀選手賞(MVP)を獲得したK-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹は、雪辱に燃える久保賢司との試合が待ち受けている。判定勝ちした前回の戦いについては「1番楽しく試合ができた」と充実した内容だったことを振り返った。


再び久保と戦うことについては、「日本人選手で防衛戦にふさわしいのは寺戸(伸近)選手か久保選手しかいない」と前置きしつつ、久保に対して「怖いですね」と警戒感をあらわにする場面も。


記者会見では、久保から「殺してやる」「このクソガキに屈辱的な思いをさせられた」などと挑発的な言葉をかけられ、はじめて絡まれた武居だったが、「楽しかったです。嫌だとは思ってなかったんですけど」と大人の対応。自分は言い返すようなタイプではないとして、返答については「試合で」と闘志を燃やしていた。


最後に武居は「もう1回MVPを獲るつもりで、チャンピオンとしての試合を見せたい」と、堂々たる“完勝宣言”をしていた。

続きを見る