堀口恭司、「格闘技を広めたい。そのために帰ってきた」 PRIDE時代まで盛り上げる!

RIZINのオフィシャルYouTubeチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」が配信された。番組では、2017年12月29日/31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について、選手たちの本音に迫っている。


UFC参戦などアメリカの地で活躍した堀口恭司だが、本人からは「アメリカは好きではないです」と意外な言葉が。アメリカに行く目的は技術の習得だったとして「しょうがない、行くしかない」という気持ちで彼の地に赴いたことを明かした。


そんな中、番組収録後の1月15日に渡米したという堀口。「もうちょっと日本で……」と言うスタッフにも「そういうのはダメなんすよ」と自身への甘えを許さない。ストイックすぎる堀口の姿に、スタッフが「他にも人生楽しいこと一杯ある」と言葉を掛けても、堀口は「ありますけど、自分はこれに賭けてるんで。応援してくれる人の期待に応えたい」と意思は固かった。


「期待に応えたい」と語る堀口は、格闘技をさらに世に広めたいのだとして「そのために自分は帰ってきたんで」と断言する。「PRIDE時代じゃないけど、盛り上げるために」と、すでに格闘技界の未来を見据えている。

続きを見る