石渡伸太郎、一時的な記憶喪失に陥っていた 堀口のパウンド攻撃は「脳を直接殴られてるみたい」

RIZINのオフィシャルYouTubeチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」が配信された。番組では、2017年12月29日/31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について、選手たちの本音に迫っている。


石渡伸太郎は、1ラウンドで堀口恭司から受けたパウンド攻撃について「脳を直接殴られてるみたいで」と、その衝撃の強さを語る。また「殴られて起こされたんですよ」と、何度も意識が飛びながらも打撃によって覚醒していたという、極めて危険な状況であったことを明かす。その後、堀口の猛攻をしのぎ反撃に出た石渡には誰もが驚かされたが、堀口は打たれ強い石渡が立ってくることを確信しており「予想通り」とあくまで冷静だった。


試合は2ラウンドに玉砕覚悟で距離を詰めた石渡に対して強烈なカウンターを決める形で決着したが、堀口は「しっかりここで沈めておかないと」と、狙いすました勝利だったことを明かす。一方、石渡は堀口のフィニッシュブローについては「見えてなかった」と振り返った。


試合後、一時的な記憶喪失に陥っていたという石渡は、映像で「あー、何も覚えてない」「KOされたんですか? また堀口に?」「堀口と戦ったんですか?」などと混乱した様子を見せていた。石渡いわく「ここはどこだ?」「RIZINってなんだ?」という状態に陥っていたと告白する。


「負けた瞬間だけがずっと脳裏に」と、パウンドされた場面などがフラッシュバックのように蘇るという石渡は、「悔しさだけがずっとある」と、敗者として背負うことになってしまった苦しみについて吐露していた。

続きを見る