「ほぼ100点。完璧」"史上最強のMADE IN JAPAN"堀口恭司を恩師が振り返る

RIZINのオフィシャルYouTubeチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」が配信された。番組では、2017年12月29日/31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について、選手たちの本音に迫っている。


堀口恭司の空手の先生である二瓶弘宇氏は、50~60点と自己評価する堀口に対して「ほぼ100点に近いと思う」と点数を付ける。これには堀口も「いつも30点くらいって言われてた」と初めての高評価に驚いていた。


二瓶氏は堀口について、いずれナショナルチームから日本代表にと、空手選手としての大成を構想していたそうで「こいつ(堀口)もそれに乗せようかと思った。だけど外れていったね」と明かす。


しかし、二瓶氏の教えたことが堀口の土台にあるのだとして、流派は寸止めがベースであるとしならがも「当たった瞬間に引く」といった実践向きな技術であることや、独自のステップについても言及。堀口については空手の技術とアメリカで学んでいることを融合させることが課題だったとして「まずそれが完璧」と太鼓判を押しつつ「アメリカ(での修業)を無駄にしてない」と手放しで賞賛した。しかし、日本に戻ってくることについては「反対したよね。『(デメトリアス・)ジョンソン破らんかい!』ってね」とも振り返っていた。


現在、軟骨肉腫というガンを患い闘病中の二瓶氏だったが「魅せられたね、本当に」と、堀口の試合から大いに元気をもらった様子だった。

続きを見る