「はじめてセコンドを無視した」新女王・浅倉カンナに起きた“覚醒”

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS #3」(YouTube)が配信された。番組では2017年12月29日、31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について選手自身が振り返り、その本音に迫っている。


RENAを1ラウンド4分34秒、チョークスリーパーで絞め落とすという衝撃的な結末で、トーナメント優勝を勝ち取った浅倉カンナ。今の心境を問われると「最高でしたね、年末から」と笑顔を見せた。


浅倉は大会前に「思いつき」で広島の藤井惠の元へ出稽古に赴いていた。都会ではできない、長い階段を一気に駆け上がるなどといったハードな練習を経て、浅倉は「気持ちの分でも鍛えられた」と振り返る。


指導した藤井は「迷ったら一歩出る。なりたい自分になれる様な動きを躊躇無く惜しみなく」と語り、「やっぱりリスクは背負う部分はあるんですけど、でもそのリスクを背負わない事には成功、フィニッシュにはなかなか繋げれないので」と、勝負の心構えを説く。浅倉に対しては「広島に来たことによってパワーの源になる引き出しが1個増えればいいなと思って頑張ってもらいました」と、特訓の目的を明かしていた。


トーナメント準決勝のマリア・オリベイラ戦では「初めてセコンドを無視して自分から攻めに行きました」と振り返る浅倉。優勝までたどり着いたのは、精神面での成長がポイントになったようだ。

続きを見る