“絶対王者”RENA、笑顔の裏にある覚悟「誰にも負けたくない」「ライバルはいない」

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS #3」(YouTube)が配信された。番組では2017年12月29日、31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について選手自身が振り返り、その本音に迫っている。


女子スーパーアトム級トーナメントの決勝では大番狂わせが起きた。MMA(総合格闘技)で無敗だった“絶対王者”RENAが、1ラウンド4分34秒に浅倉カンナのチョークスリーパーで失神し、完敗を喫したのだ。浅倉がリング上で勝者の弁を述べる一方、RENAはバックヤードでうずくまり号泣していた。


女子総合格闘技界をけん引してきたRENAはライバルの存在を聞かれると「ライバル……『ライバルです』って長年いたのは無いですね」と答え、「誰にも負けたくないってのはありますけど」と続けた。本大会については「トーナメント、年末、この3年間で作り上げてきたのに、ここで私が優勝せなめっちゃもったいないやん」と語る。


試合当日も、スタッフが接しているときは終始笑顔だったRENA。しかし「2つのストーリーがあると思うんで。どっちに転がるか分からない」と、勝負の世界に絶対はないと言及し「私は大阪人なんで。もったいないのが一番嫌い」と笑顔の裏にある覚悟を明かしていた。

続きを見る