横領事件のチリ人妻・アニータと「付き合ってた」 激アツレスラーが暴露される

2日「DDTの木曜The NIGHT」(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


「発見!『激アツレスラー大図鑑』」のコーナーでは、全国各地にいる面白い・熱いレスラーを発掘&紹介していくが、その中でウルトラマンロビン選手が紹介された。


シアタープロレスSGP名古屋花鳥風月所属のロビン選手は年齢52歳、出身は「M78星雲光の国」、好きな芸能人は安めぐみと、設定とリアルが絡み合ったプロフィールが読み上げられたが、DDTではよく知られたレスラーなのだという。


すると高木は「ここに書いてない情報としては」と切り出して「ロビンさんはかつてアニータさんというね、ちょっと色々お騒がせした女性とお付き合いをされていて」とサラっと暴露。ロビンは高木にアニータさんへの愛を延々と語っていたのだと明かす。


アニータさんがどういう人物かは「ググって欲しい、すぐわかるんで」と言うに留めて「ロビンさんもいくらか、アレしたみたいですね」と、ロビンがアニータさんの被害を受けた1人であることを匂わせていた。


すると視聴者のコメント欄は「アニータさん」一色に。これに高木は「私の口からは言えませんので」とコメントすると、ディーノは「言ってんじゃん、ほとんど!」とツッコミを入れていた。

続きを見る