新スター誕生か?那須川天心の盟友・元ボクサー篠塚辰樹、1ラウンドKOで衝撃RISEデビュー!「パンチは俺がダントツ。フェザー級では自分が一番強い」

(会心のKOに、篠塚は那須川とともに会心の笑み)


2月4日に開催された立ち技格闘技イベントRISEで、大物新人がデビューを果たした。TEAM TEPPENの篠塚辰樹だ。


篠塚はボクシングでアマチュア時代から活躍。プロでも期待されていたが、那須川天心とも練習を積み、キックボクシングに転向。今回はその1戦目だった。


対戦相手の山川賢誠はバンタム級4位。この試合はフェザー級のため階級は下だが、デビュー戦でランカーとの対戦は異例だ。


それでも篠塚は落ち着いた闘いぶりを見せた。ボディ攻撃でダメージを与えるとボディから顔面へつなげる連打でダウンを奪い、1ラウンドKO勝利。

(試合後にはベルトダッシュ宣言もしてみせた篠塚)


那須川とともに記念撮影した篠塚は「キックボクサーに見えました? フェザー級では自分が一番強いと思うんで」とアピールも。バックステージでは「ローを蹴られても、その分パンチが入りやすくなりましたね」と試合を振り返った。


「パンチは俺がダントツ。あとは蹴りに慣れていけば」という篠塚は「年内にベルトを獲りたい」という野望もあるという。那須川に続いてRISEに新たなスターが誕生するか。要注目の存在だ。

続きを見る